アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

阪神淡路大震災における死者数?

これは

東京都立大学・首都大学東京

名誉教授  中村一樹氏のレポートによる。

なんと、1時間以内に死亡した人が4500人程にもなったということは、建物内での圧死、家具による圧死がいかに多かったかという事実。これは建築工事業を担う者として「安全な家づくり」への責任がいかに重いかという事実を教示してくれているのではないでしょうか。

これは阪神淡路大震災のデータですが東日本大震災では溺死者が全体の90%内外(地域差アリ)にもなり、津波との違いが明確となっている。

+aは制震ダンパーのことです。

庭があると楽しい

庭があると楽しい

 

高鍋の旧宅に畑があります。耕して種をまきました。

かぶ

 

シャキサラダ菜

 

にんじん

 

収穫はマスターピース

 

ジャガイモ

 

野菜ぐらいなら自給できます。他に、スイカ、かぼちゃ、ピーマン、ニガウリ、ナスビ、青シソ、ミョウガ。

昔はニワトリも飼っていました。

その内、再開したいと思っています。宮崎は農地が安く、反(330坪)当たり40万円、高くて60万円ということです。

農地を5反取得して営農計画を農業委員会に提出すると、農業従事者と認定され、農地を取得できます。

後日のためにも40×5=200万円投資して兼業農家の道を開いてみてはいかがでしょうか。

温水便座の節電

電気代(年間)=年間消費電力量(kwh/年)×電力単価

メーカーの事例では

TOTO            年間消費電力       電気代

①アプリコットTCF4833系    66wh 148,5円/月

1,782円/年

Panasonic

②ビューティトワレAWMシリーズ 66wh 147,5円/日

1,782円/年

LIXIL

③シャワートイレNEW PASSO 104wh        234円/月

2,808円/年

 先の便座ですが、この頃2台設置が多いようです。すると以下のようになります。

①TOTO   →  297円/月    3,564円/年

②Panasonic →  297円/月    3,564円/年

③LIXIL   →  468円/月    5,616円/年

①使用しない便座のフタを閉めておく。

*試算では年間1,000円の節約も可とか。2台の時は2,000円です。

②夏場や長時間使用しない時は電源OFF

③設定温度を低くする。など、

以上ですが、2世帯住宅等で便座が3台設置されると

①TOTO   5円/月   5,346円/年

②Panasonic  445,5円/月   5,346円/年

③LIXIL    702円/月    8,424円/年

 家で無くてはならぬ物、それはトイレです。

物不足で便器が取り付けられない住宅メーカーも出て来ているご時勢です。役所からは便器が付くまで家として登記できませんとのことで、仮の貸し出し用便器を設置してお引渡しするところもあるようです。むろん仮とは言え便器が付けば登記できます。

相続と不動産

 相続財産のうちで土地や建物については誰に何を相続させるかをはっきりさせておかないと困ることがあります。

前もって、計画に着手されることをおすすめします。

 所有者の子どもが2人で、うち一人が重度障害者の場合、所有者であり親である方は、この重度障害者の行く末が気にかかるところです。一生涯見守ってあげたかった子どもさんより先に命を終えることになる現実を前に、持ち家を売却して、重度障害者の為に必要な資金を用意しておきたいというのが、親心ではないでしょうか。ところが一方の相続人のお子様からすると、私にも同じだけの資産を移転してほしいと思われるのも已む得ないことかも知れません。

 何よりも親御さんのお気持ちを大切にご計画に着手されることをおすすめ致します。

 一旦所有者が死亡されると、相続が発生します。妻が二分の一、子ども二人が残り四分の一ずつを所有することになるのが不動産の相続となります。

 全員の同意が無ければ、所有者権の移転が不可能となり、所有者の重度身障者への支援は事実上不可能となります。

 元気な内に、意識が明確な内に所有者権の移転を完了する必要がありそうです。

 誰もが迎えるその時の前に所有者の判断能力に問題があるかないかは医師の診断と司法書士の判断がOKとならなければなりません。

 ビデオ等による撮影にご本人、及び医師、司法書士や他の親族のご意見で、判断能力に問題がないことを記録しておくことも大切なことです。その上で相続財産予定の物件を売却されることをおすすめ致します。

エアドッグはいくら?

 テレビで宣伝するエアドッグは電気集塵器で浮遊ウィルスを99.9%除去可能と謳っています。

 次いでフィルター交換不要ということですが、これは電気集塵器で、金属板に帯電させて、浮遊物を吸着します。よって詰まりなしで長期間の浄化が実現します。

エアドッグ

¥278,000前後

 

 トルネックス社の電気集塵器をマッハシステムの室内電気循環、換気システムに組み込んだシステムになります。

こちらのシステムは1ユニットで\250,000となります。施工費込みです。

 エアドッグは本体に空気を給入し排出する為の動力ファンを必要としており、長期使用には劣化が免れず、動力に用いる電力料金も必要となります。

 一方、アイ・ホームマッハシステム組み込みタイプだと空気を動かすDCファンは電気集塵器とは別です。静電気を帯電させた金属板に埃がくっつくだけのエネルギー消費ですから電気代も驚く程安く、お手入れは年間1回、水道水を高圧で吹き洗いするだけで、まっ黒い埃が洗い落されて流れます。

 あとは、乾かして取り付ければOKです。

https://fh-a.net/SCM

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね