アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

宿泊体験のお客様より

 佐土原モデルハウスへ宿泊体験いただきましたお客様よりご感想をいただきました。

 

M様のご感想

 先週、UMKハウジングパークにてアイ・ホームさんにご説明いただいて、全館空調が大変気になっていました。今、1歳の娘がおり、気温や湿度に気を遣うことが増えました。宿泊させていただいた日は、お風呂上りも寝る前に朝起きてから全く気にせず過ごすことができました。こっちは大丈夫だけどあっちは寒いということもなく、子どもが安心して家中を歩き回ることができました。

 また、吹抜けで部屋が広く感じたり、床が優しい感触で気持ちよかったりと、造りも参考にしたいと思う所がたくさんありました。カーテン(ブラインド?)も初めて見る作りのもので外気から気温や湿度を守るためにこのようなものがあるのかと勉強になりました。家でないところではなかなか寝ない娘もすぐに寝つくほど落ち着いて過ごせる家でした。参考点がたくさん見つかる素敵な時間になりました。ありがとうございました。

 こちらこそ、ありがとうございました!!

ぜひ夏の暑い時期や、冬の寒い時期にもマッハシステムを体感いただきたいです。

実際に24時間過ごしてわかる全館空調マッハシステムの良さ!!是非一度宿泊体験をされませんか?

ご予約はこちら

https://www.aihome.tv/reserve_stay/

こんなことも出来る!

〈ワインセラーの楽しみ〉

 今を去ること3年程前、マッハシステム特製ワインセラーを発表しましたが、この度、ようやく、高品質のワインセラーが完成しました。

 高額なワインが痛まないように、これから、追加的な設備をご提案いたします。

①空気清浄器(カビが付かない)

②2台目のもしもの時の為のサブエアコン。

こちらは、コンセントを抜いておきます。

③雷サージのうち、誘導雷サージ対応のSPD(避雷器)の設置が必要です。

音羽工業『ホームアレスタHA-13』7500円程度取り付費別途。

アイ・ホームのマッハシステムの実力

 

 

【2021年5月19日】

気温の変化

湿度の変化

一日中雨で外は湿度100%でも、室内は湿度50%です。

こんな快適、他の全館空調で実現できるでしょうか。

 湿度までコントロールできるのがマッハシステムなのです。

省エネを消費電力で見る

 家の省エネ性能を、断熱性能で比較することが多いのですが、刻々と変動する電気メーターで見ると、よく分かります。

 太陽光発電を取付けられると、発電量や買電量が、リアルタイムで表示されます。

1時間当たりの消費電力がメーターを見ると0.8kw/hなどと表示されます。

 燃料サーチャージ代、再エネ賦課金、消費税と   本来、自家消費した電気代がいつの間にか高くなっています。

歴史上最高額になっているのが、現状です。

太陽光発電で生み出した電気を自分で使用する「自家消費」には、先の3つの負担(燃料サーチャージ代、再エネ賦課金、消費税)が付きません。

この時、買い取り電気代よりも、当然、創エネですので実質無料となります。できるだけこの,創エネを利用する生活が経済的です。

 雨の日は外気温が低く、夏には冷房負荷が少なくて、経済的です。

そこで、マッハシステムを運用して戴くことで、エアコン1台で冷暖房が可能となりますので、この時の1時間当りの消費電力が低くなります。

 やはり、小まめな照明の消燈や洗濯物の乾燥などをマッハシステムの除湿乾燥み加え、天日乾しもこの際検討したいところです。

マッハシステムの真実

 1時間の利用電気代のグラフを見て下さい。1月から12月まで季節毎にエアコンに使用した電気代が変わっています。

2020

このグラフで色の濃いのが2020年のデータです。黄色い棒グラフは2019年です。毎年、使用電気量は変化します。

暖冬だったり、夏が異常に暑かったりするとエアコンの電気代が増減します。

 気候が穏やかな10月11月、更に4月5月は、マッハシステムは送風するだけで良く、冷え込んだ時や、暑かったりした時だけエアコンで調整します。

 6月電気代が上がっているのは、除湿でエアコンを動かすからです。

 冬の暖房にも秘密があります。

冬場日差しが窓から、室内に入って来ます。

日射取得と言いますが太陽熱を室内に沢山取り入れることが出来ますので、南側の硝子窓から日中は太陽熱を取り入れます。この熱を、マッハシステムのDCファンで全室に床下から天井裏まで送風して暖房します。

 

 断熱性能が良いと、十分に家は暖まりますので、天気の良い日は朝~夕方5時頃までは、エアコンをストップします。

 冬の夕方6時過ぎに暖房の為のエアコンを稼働させれば、朝8時までがエアコンによる暖房の時間です。

2022年1月では

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3959番地7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623