アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

核シェルターが佐土原にあった!!

「何故、核シェルターを作ったのですか?」

「南北冷戦のさ中、核戦争の恐怖にさいなまれた結果なんです。」

 そこは佐土原町役場の近くで春日台の分譲地内の一画。

地下に直径3mほど、長さ6mの筒状のシェルターだった。鉄製の梯

子を下りたところにカビ臭くはあったが、それなりの空間を確保できていた。

 空気の換気、水、汚物の処理など、質問してみましたが、どれも快適な暮らしになれた者からすると耐え難い暮しが強いられるもののようでした。

 ウクライナに端を発し、日本国内でも今風の暮しの快適性を実現できる核シェルターの新製品がネット上でも販売されています。

今や通常の100倍の問い合わせだとのこと。

10年保証が付いているとのことです。

?   ?   ?

 核シェルターも必要ない平和こそが、「4人で生きのこる核シェルター」などとコマーシャルがあるのですが、その後の世界で更に生き残ることは、核の被害をまぬがれたこと以上に困難なことになるのではないでしょうか。

相続と不動産

 相続財産のうちで土地や建物については誰に何を相続させるかをはっきりさせておかないと困ることがあります。

前もって、計画に着手されることをおすすめします。

 所有者の子どもが2人で、うち一人が重度障害者の場合、所有者であり親である方は、この重度障害者の行く末が気にかかるところです。一生涯見守ってあげたかった子どもさんより先に命を終えることになる現実を前に、持ち家を売却して、重度障害者の為に必要な資金を用意しておきたいというのが、親心ではないでしょうか。ところが一方の相続人のお子様からすると、私にも同じだけの資産を移転してほしいと思われるのも已む得ないことかも知れません。

 何よりも親御さんのお気持ちを大切にご計画に着手されることをおすすめ致します。

 一旦所有者が死亡されると、相続が発生します。妻が二分の一、子ども二人が残り四分の一ずつを所有することになるのが不動産の相続となります。

 全員の同意が無ければ、所有者権の移転が不可能となり、所有者の重度身障者への支援は事実上不可能となります。

 元気な内に、意識が明確な内に所有者権の移転を完了する必要がありそうです。

 誰もが迎えるその時の前に所有者の判断能力に問題があるかないかは医師の診断と司法書士の判断がOKとならなければなりません。

 ビデオ等による撮影にご本人、及び医師、司法書士や他の親族のご意見で、判断能力に問題がないことを記録しておくことも大切なことです。その上で相続財産予定の物件を売却されることをおすすめ致します。

相続と不動産

 相続財産のうちで土地や建物については誰に何を相続させるかをはっきりさせておかないと困ることがあります。

前もって、計画に着手されることをおすすめします。

 所有者の子どもが2人で、うち一人が重度障害者の場合、所有者であり親である方は、この重度障害者の行く末が気にかかるところです。一生涯見守ってあげたかった子どもさんより先に命を終えることになる現実を前に、持ち家を売却して、重度障害者の為に必要な資金を用意しておきたいというのが、親心ではないでしょうか。ところが一方の相続人のお子様からすると、私にも同じだけの資産を移転してほしいと思われるのも已む得ないことかも知れません。

 何よりも親御さんのお気持ちを大切にご計画に着手されることをおすすめ致します。

 一旦所有者が死亡されると、相続が発生します。妻が二分の一、子ども二人が残り四分の一ずつを所有することになるのが不動産の相続となります。

 全員の同意が無ければ、所有者権の移転が不可能となり、所有者の重度身障者への支援は事実上不可能となります。

 元気な内に、意識が明確な内に所有者権の移転を完了する必要がありそうです。

 誰もが迎えるその時の前に所有者の判断能力に問題があるかないかは医師の診断と司法書士の判断がOKとならなければなりません。

 ビデオ等による撮影にご本人、及び医師、司法書士や他の親族のご意見で、判断能力に問題がないことを記録しておくことも大切なことです。その上で相続財産予定の物件を売却されることをおすすめ致します。

相続と不動産

 相続財産のうちで土地や建物については誰に何を相続させるかをはっきりさせておかないと困ることがあります。

前もって、計画に着手されることをおすすめします。

 所有者の子どもが2人で、うち一人が重度障害者の場合、所有者であり親である方は、この重度障害者の行く末が気にかかるところです。一生涯見守ってあげたかった子どもさんより先に命を終えることになる現実を前に、持ち家を売却して、重度障害者の為に必要な資金を用意しておきたいというのが、親心ではないでしょうか。ところが一方の相続人のお子様からすると、私にも同じだけの資産を移転してほしいと思われるのも已む得ないことかも知れません。

 何よりも親御さんのお気持ちを大切にご計画に着手されることをおすすめ致します。

 一旦所有者が死亡されると、相続が発生します。妻が二分の一、子ども二人が残り四分の一ずつを所有することになるのが不動産の相続となります。

 全員の同意が無ければ、所有者権の移転が不可能となり、所有者の重度身障者への支援は事実上不可能となります。

 元気な内に、意識が明確な内に所有者権の移転を完了する必要がありそうです。

誰もが迎えるその時の前に所有者の判断能力に問題があるかないかは医師の診断と司法書士の判断がOKとならなければなりません。

ビデオ等による撮影にご本人、及び医師、司法書士や他の親族のご意見で、判断能力に問題がないことを記録しておくことも大切なことです。その上で相続財産予定の物件を売却されることをおすすめ致します。

 ビデオ等による撮影にご本人、及び医師、司法書士や他の親族のご意見で、判断能力に問題がないことを記録しておくことも大切なことです。その上で相続財産予定の物件を売却されることをおすすめ致します。

当たり前が変わると

 友人が遊びに来てくれて、夕食後、しっかり冬支度(ふゆじたく)の衣類に着替えていることに気づきました。

「どうしたの?この家寒くないよ」

「あっ、そうか」

ということで、春支度に着替えてもらいました。友人は佐世保の出身で、住んでいる所は、高台です。夜になると冷え込むということで、夕食後入浴を済ますと、「冬支度」に着替え、テレビを楽しみ、体を冷やさないようにしているようです。

 アイ・ホームのマッハシステムは彼にとって、夜が寒いという「当たり前」が変わったことを強く印象付けたようです。長崎では家の中でもカイロを使用しているとの事でした。

①入浴後は、しばらくTシャツにパンツかパジャマのズボンだけでゆっくりくつろいでのんびりします。パジャマの上着を着て、そのまま特に毛糸のカーディガンなどは重ね着しません。もちろん素足です。

②寝具の掛け布団は軽い夏物1枚で、冬も夏もOKです。

③外出先から家に帰ったら、一番先に靴下を脱ぎます。

④エアコンは1台で全室を暖房しますが、設定温度は22℃~24℃程度です。

⑤1年間のエアコンの電気代25,000円程度です。

⑥冬物の衣類を購入しなくなります。

⑦鍋物料理は冬の定番ですがあまりしなくなりました。

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね