全館空調元年

アイ・ホームの全館空調(マッハシステム)への関心は、日増しに高まっているようです。
家造りの基準の№1が温熱環境になりつつあるのではないでしょうか。
お客様方の反応に大きな手応えを感じています。
これまでの、各部屋にエアコンを設置するスタイルは、ここ数年で姿を消しそうな勢いとなっています。
それでは、現在出揃っている全館空調について分析してみましょう。
blog00_01

それでは、温度差と風量の関係をデータで検証してみましょう。

blog_01

風量が多ければ、例え暖房温度が低くても、室内が広く温まることを示している。

blog_0202

全館空調の最大メリットは、全室快適空間である事。室温にムラがあっては困ります。アイ・ホームのマッハシステムが快適であることを目に見えるデータでお示ししています。

建物は熱のバッテリー

 アイ・ホームの住宅は高断熱、高気密の建物です。ですから、寒い冬も室内の熱が少しずつしか外へ出て行きません。
出ていった程、熱を補充すれば、全体の快適室温が保たれることになります。
ですから、エアコンの設定温度は低めでも、例えば22℃程度でも快適な室温が維持できることになります。この温度設定は建物の窓や、方位、表面積の大小により個別に差があるのですが、高鍋モデルハウスの場合は、この22℃の温度です。

手をかざすと、エアコンの風は熱くない

 風量が強いと、涼しく感じることは体験的に知られています。
22℃に設定されたエアコンから吹き出す風は、風量があると、少し涼しく感じる程ですが、これで充分に室内が23℃に保たれています。
当然、床も23℃です。但し合板の場合平滑な床板に、足の裏がピタリと接着することとなり、少し冷たく感じられます。杉のムク材では空気を含んで凹凸のある表面に足が触れると同じ23℃でも温かく感じるのです。杉のムク床だと空気を含んだ材なので、冷たさは感じられません。一般的な住宅では玄関の扉の開閉が少ないので、冬の外気、冷たい空気の流入が殆ど無いので、夜間に温められた床の表面温度が維持され、合板の床も杉の床板も温かく感じることになります。
但し、住宅展示場では、朝の開場時は夜間の暖気で温められた床は温かいのですが、来客の度に冬の冷気が玄関から流入し、冷気は重たいので床面に添って滑るように広がって床の表面を冷やすことになります。よって、合板の表面が冷やされて、足裏センサーが冷たく感じるのです。一般的なお住まいではご心配は不要です。
床暖房だと、35℃~42℃となり、お湯に浸かった感じとなります。短時間であれば快適なのですが、長時間となると、足裏に汗をかいて不快です。

大量の熱を建物から室内へ、空気から建物へ

 大風量により運ばれた熱で、建物や設備機器や家具までが同一温度に維持されているのがアイ・ホームの建物です。少ないエネルギーで暖房し、大量の風で、室内に熱を分配する。マッハシステムは全館空調を省エネで実現する唯一無二の工法だと言われる所以です。


快適な1日が100年続く家づくり

来年1月3日グランドオープン

0V2A3429

隣は「小丸新茶屋」さんです。

0V2A3450

外構工事もあと数日で完了。

0V2A3441

全景が俯瞰できる珍しいモデルです。

0V2A3456

トライブリッド充電器。太陽光を車に充電。

0V2A3446

これからのお客様が電気自動車の方は無料で充電可能です。

0V2A3433

看板の準備もしています。


10月27・28日展示会リポート

 神武さんのあった日でしたが、2日間で90組近いご来場有難うございました。
住まい方の多様性がこれ程支持された展示会はなかったような気がします。
マンション離脱、おめでとうございます。素敵なお住まいでした。

1

①

 南面に隣家が迫っていたので、この方位だけ日当りが良くしっかり内まわりデッキで太陽を楽しみます。

2

キッチンの北側にもHIハイ・サッシ。
進入路が長いので、他人の目線が気になりません。
開放的で明るいキッチンになりました。

3

来場者が多く、大変でした。

4

天井も床もムク材です。

5

オブジェ

6

居間からキッチンを見る。

7

玄関前のアクセントウォール。

8

洗面のブラックも上品です。

9

玄関から居間の間仕切りは全館空調では不用。
室温が同じだから、寒くならない!熱くならない。

10

洗面もオシャレです。

11

和室は来客スペース。

12

これからの暮しが楽しみです。


空乃庭開店

 この度、宮崎空港近く、赤江に創作料理「空乃庭」が完成オープン致しました。
 民家のリノベーションのお仕事でした。
 木の香溢れる古民家の良さを引き出し、ゆっくりと流れる時間を楽しみながら、おいしいお料理を堪能して戴ける新名所になればと思っております。
 開店後、既に予約がいっぱいとの事。お目出度うございます。
 素敵なお料理は「空乃庭」でお楽しみ戴くこととして、ここではアイ・ホームの仕事を写真にてご案内させて戴きます。

和ダイニング 空乃庭

宮崎市赤江214-1  TEL:0985-89-2305
昼:月~金 11:30~14:00
夜:月~土 17:00~23:00
休:日曜日のみ    P:有り

空①空②

空③空④空⑤空⑥空⑦空8空⑨空⑩空⑪


高鍋モデルハウス、オープンまで1ヶ月を切りました。

①

ピンクのプラスターボードは、外周部は2重貼りです。
交差点の騒音対策です。

②

化学物質を分解し、無害化できる機能があるプラスターボードを
全ての部屋で使用しています。

1③

③2

③3

外壁は塗り壁、木壁の下地に耐火、耐力面材を使用。
本モデルハウスは特別に2重に使用しました。

④1

④2

④3

外壁は外通気工法の為ランダムに下地が入れてあります。

⑤

断熱はダブルなので外にサッシが出ます。

⑥

熱交換気扇です。

7⑦

鏡の下地です。


高鍋町モデルハウスレポート

断熱1

いよいよ、内部の充填断熱が始まりました。

断熱2

コンセントボックスは金属です。

断熱3

事前の配線作業。

断熱4

マッハシステムのダクトです。

断熱5

断熱6

断熱7

しっかり断熱しました。

断熱8-1

断熱8-2

断熱8-3

天井は200㎜以上の断熱です。

断熱9

整然と配管します。
快適性を生み出す防災ダクト。

断熱10

東・西は金属外壁。南面は塗り壁。北面はサイディング。
三種の仕上げとなります。