アイ・ホーム 省エネ教室ケーススタディー

(クリーン・ヘルス・エア・システムの活用術)
エアコンの電気代1/4~1/3にする方法

事例1.

Ⓐから冬場の体感温度で、24度は高く、少し熱く感じる程となっています。これでは快適とは言えません。
Ⓑから、エアコンの電気消費量も多く、経済性から必要以上の暖房は不経済です。

気温と室温
Ⓐ 0225
※室温は24度と冬場にしては高めでした

電気代
20190225 電気※家はシャッターを下げて、太陽光は室内に入射していない

事例2.

晴天なのでシャッターを開け、太陽光を室内に取り入れ、パッシブ的な蓄熱を行った。南側からの太陽熱で暖かさを取り入れ、建物北側にDCファンで熱風を循環させることで送風を行った。
午前9時以降、2℃程室温が上昇したが、午後6時以降、エアコンを暖房22度で稼働させた。しかし、建物が日中集熱した熱を室内に放熱する為、エアコンはストップした状態。消費電力量は、午前9時以降はほぼゼロ。

気温と室温
0226

電気代
20190226 電気
※太陽熱利用で建物の蓄熱が大きい様子です。エアコンがサーモによってほとんど動いていません。

事例3.

気温と室温
0227

電気代
20190227 電気
※太陽熱利用なしで、エアコン22度の暖房設定では、1日で3.8kWh、65円。

(前提)
エアコンの設定温度は22度の暖房。日中は雨でしたので、太陽熱の利用なし。
エアコンの消費電力量は温度設定を22度だったので、実現された室温が23度と冬場としては快適温度でした。
消費電力量も、一日で65円と経済的だと言えましょう。

結論

太陽熱+パッシブ+クリーン・ヘルス・エア・システムで省エネ効果は最大4倍です。低めの最適温度設定で3倍です。
無題


アイ・ホームの取組み

 アイ・ホームではこの度、日本商工会議所の「ナイスパートナー・長期休業補償」に加入することになりました。
 これにより、社員の福利厚生制度がこれまでにも増して充実します。ちなみに、現在加入し、利用可能なサービスは
① 傷病手当保険 上乗労災保険
② 親介護費用保険
 となっていました。
 今回のサービスは
① 長期休業時の収入の減少を補償
② 精神障害・天災(オプション)も補償
20190304094040940_0001
となっています。
 働く仲間が元気で就業できることが理想ですが、高齢の社員も多く今後の備えとして加入利用することとなりました。
 先ずはお知らせまで。


年間3万円快適生活の秘密

 アイ・ホームの全館空調・エアコン電気量消費料

秘密の解説

  1. ① トリプルサッシ、高断熱、高気密に支えられた、高性能住宅。基本的に建物の性能がベルス(建物省エネルギー性能表示制度)60%~70%の削減を実現。一般的な住宅が20,000円の一次消費エネルギーに比して8,000円~6,000円程度まで省エネできる建物となっている。基本性能が高いことが第一である。
  2. ② 太陽光発電との組み合わせで九州電力の料金体系とベストマッチを実現。

 日中の電気代が高い日には太陽光で自給。夜間は安い夜間電力を使用。
 日中は、建物の高い断熱性能を利用して太陽熱を窓から積極的に取り入れ、冷える夜には安い夜間電力(日中の半分以下)でエアコンを稼働します。

①

②


電子式全館空気清浄ユニット

粉塵拡散抑制効果

このデータは2018年11月27日にアイ・ホームの高鍋モデルハウスで行われた実証実験で得られたものである。
モデルハウスの表記の場所、洗面室の手前の廊下部分で、お線香に点火して煙を発生させながら寝室と居間における空気汚染が、どの程度広がって行くかを測定したものである。
結果的には、発煙した線香から飛び出した、煙粒子は近くの空調室に吸い込まれた瞬間に電子集塵器の静電気によって吸着、除去されてしまう為、他の部屋に拡散することがない。このデータは、驚く程の結果を示しています。

図2図3※居間及び寝室の検出結果は、ほぼゼロのままでした。

アイ・ホームの新製品電子全館空気清浄ユニット
消費電力の優位性
図4
※一般的に据え置きタイプの空気清浄機は、一年中連続運転はしませんので、もし一年間通しで利用すればとの比較になります。

①  但し、約10分の1の使用電気料金で済むアイ・ホームの24時間全館空気清浄機と同じ電気代で5台を同時に使用したとすれば、毎日5台を2時間しか利用できないことになります。
これでは用を成しません。
アイ・ホームの全館空気清浄機は24時間365日空気を浄化し続けます。
②  更に、1台当たりの据え置きタイプの空気清浄機のコストは
図図5
③  アイ・ホームの全館空気清浄ユニット
図6プレゼン資料


長期間家を不在にされる方へ

一般的な工法の住まい

 一般的な家では長期不在時には、週に1回程度、窓を開けて風を通し、室内に溜まった湿気を追い出す。日光を室内に取り込んで、紫外線による消毒をされることでしょう。
梅雨時や、台風時には、風通しや日光の取り込みは困難となり、理想的な維持管理は不可能です。

マッハシステムの住まい
長期不在に威力あり

 マッハシステムご採用のお客様には、次の3点をご提案します。炎天下の夏、不在にされた家に2ヶ月振りに帰られたとしても、ドアを開けた瞬間、貴方を高原のリゾートのような快適温湿度空間が出迎えてくれます。
aoitori「ようこそここへ クック クック  私の青い鳥」 (桜田淳子の歌より)
 ということで、マッハシステムは青い鳥となって皆様を快適な世界へ導いてくれるのです。それでは、快適維持管理テクニックを公開させて戴きます。

①  遠隔操作で維持管理

 アイ・ホームの全館空調は、一台のエアコンで全室の温度コントロールが可能です。
 今日では、スマホ画面に室温と湿度が表示され、このデータを利用してエアコンの適正運転を操作することが出来るようになっています。
 ネット環境が家に出来ていれば、全て解決です。ぜひご相談ください。
 尚、家庭用エネルギー管理システム(HEMS AISEG2)を設置(アイ・ホームでZEH利用)のお客様は、こちらを利用されることで、室内の温湿度を計測可能です。こちらと組み合わせることも可能です。

②下記の一覧表に基づき操作

エアコン

※家の広さ、窓の大きさで実際にはエアコン・コントロールに差が生じます。
※4月、5月、10月、11月の外気温が快適な頃はエアコンストップでもOK。

③ 埃対策について

 長期不在となれば、室内の埃が心配です。こちらについては、一般的なこれまでのマッハシステムでは、3~6ヶ月に1回程度送風経路に設置されたフィルターに掃除機をかけて戴くことでマッハシステムの維持管理が可能でした。加えて、設置されている空調器の清掃を最初にして戴くことで、以後1年間程度はそのまま空調機を稼働されていてもエアコンについては問題ありません。
 又、今般供給開始しました全館空気清浄システムをマッハシステムに組み合わせて戴くことで、約1年間について空調室内の送風用フィルターは清掃はしなくても良さそうです。後付けの電気集塵器の埃を静電気で捕集する力が強く、フィルターのような目詰まりもなく、長期間性能が落ちない為です。
 又、空調室へのリターンガラリについては、生活時に発生するハウスダストが無人の状態では生産されることがなくなる為こちらも年に2回程度でOKかと思います。とは言え、人の目によるチェックはやはり大切です。マッハシステムにおいても、定期的に留守宅の状態をチェックされておいた方が良いことは申し添えておきます。


基礎断熱と床断熱のちがい

基礎断熱と床断熱のちがい
(床断熱の場合)

 下の図をご覧下さい。

ズ

①  押入の中の空気は静止空気層とも言えるので室内をエアコンで加温しても、押入の中まで暖房効果は及びません。

②  床下の0℃の空気は風が強い日には、常に外から0℃の空気が流れ込み床下から室内の熱を奪い続けます。

③  断熱材の内部の温度は、敷蒲団の直下が最も冷やされることになります。何故なら室内空気の対流の恩恵にあずかることがないため加温されないことになります。敷蒲団に水分が多ければ最も下に置かれた敷蒲団の中の温度が低くなりそのため結露やカビの原因となるようです。断熱材の厚さにもよりますが、床断熱の家では、床暖房でも入れない限り、スリッパなしで歩けば足裏が冷えると言うことです。一般的に床断熱は押入やクローク、壁際には暖房配管されていないので、押入の中は、この図のような環境となります。

アイ・ホームの基礎断熱とマッハ空調のベストマッチ
(アイ・ホームの場合)

zu2

①  アイ・ホームの基礎断熱は図のようになっております。床下は外気を遮断する密閉構造となっており、冬の冷気は入って来ません。

②  床下には冬場暖気を絶えず吹き入れており、計画経路で室内に回収しています。よって床下の温度差は室温より、1~2度下がりますが、概ね21℃以上に保たれております。

③  加えて室内の循環空気、全館空調による暖気で床表面温度は23℃~24℃となっており、床暖房なしで温かな暖房空間が実現できることになるのです。

④  押入の中はマッハシステムでも空気の流れは阻害されますが、床下空間の温度が21℃前後と高い為(通気工法の基礎では0℃の時でも)1階床下と敷蒲団との間の温度差は小さく冬期、結露・カビはご心配いりません。

⑤  尚、外壁の断熱材と室内側のプラスターボードの間には一定の電気配線や通信配線の為の空気層が設けられており、押入内部に外気の冷たさが熱伝導より伝わりにくくなっております。

これにより、マッハシステムご採用のお客様には、押入カビでお困りの方はいないということになります。


データ公開(アイ・ホームの住まい)

K邸電気料金収支表

※アイ・ホームのZEH仕様の住宅。マッハシステム採用。
※太陽光発電は4kWです。
※2018年3月に停電あり。データが少し減っているとの事でした。
※38坪の床面積。オール電化の暮し。ご夫婦、子供2人。

  住宅性能表示でBELS(ベルス)約60%削減の住宅にお住いのK様よりデータを戴きましたので公開させて戴きました。概ね一般的な住宅の使用エネルギーコストの15,000円の約40%で平均6,000円の支払いで生活されているようです。
尚、使用電力量と売却電気量を比較すると5,623kW:5,757kWとなっておりほぼ同量となっています。これはZEHの理念通りでプラス・マイナスゼロになるように太陽光発電の規模を合わせた結果です。
但し、電気料金で換算すると売電収入の方が多くなっています。年間66,517円の収入増は利用者メリットが出るように国が政策的にしているためです。
この制度のあるうちは利用した方がお得なことは明白です。


2月16・17日 都城完成邸展示会レポート アッパレ霧島山を望む!

miyak1

霧島の端正な眺めが素晴らしい。

miyak2

ウッディな外観ですが、軒がたっぷりですので安心です。

miyak3

たくさんのご来場有難うございました。

miyak4

ウッディな内装、広々としたつながり。

miyak5

キッチンから広々リビング。

miyak6

キッチンのバックヤードも開放的です。

miyak7miyak8

miyak9

これから外構が楽しみです。

miyak10

アクセントウォールもムク材です。

miyak11

この遠景が楽しめるように秋廣社員は大きな額縁を製作し
⑥のキッチンバックヤードの大開口を提案したそうです。
食事をしながら一年の移り変わりを霧島山を見て楽しめそうです。

アッパレsennsu


2月16・17日 日向財光寺完成邸レポート

hiyuu1遠くまで見渡せるリビングです。

hyuu2

和室の畳、ブルーの縁が爽やかです。

hyuu3

キッチンも明るい。

hyuu4

リビングから和室を見る。

hyuu5

2階バルコニーから遠景。

hyuu6

素晴らしい青空でした。

hyuu7

家からの眺め思わず見てしまいます。
ご来場有難うございました。


メンテナンスブログ 浜口より

 ご連絡は、私が整理して手配をしています。スタッフ全員に手分けして早めの対応を心がけておりますが、関連業者様のご協力もいただいて、サービスの向上につとめて参ります。
 年間(636件(一般メンテ477件・台風メンテ159件))のお問い合わせをいただきました。すべて完了させております。

hama

 今後ともよろしくお願い申し上げます。


2月9,10,11日開催 木城町リフォーム展示会リポート

1新築以上のインパクトだったようです。
住み継ぐ喜びを新しい時代にリフォームしました。

2

ストリップ階段は昔無かったですね。

3

伝統の和風外観

4

外は梅の花が…もう春ですね。

5

床柱はそのままに、新しく

6

広々とした室内

7

キッチンもオール電化へ

◎断熱改修及び断震リフォームを行ないました。


ハウスダスト激減、お掃除ラクラク生活

 目に見えにくいハウスダストは、一般家庭の年間平均値として、1gの埃の中にダニが2000匹、カビが約3万個、細菌が800万個検出されたという調査結果があります。
 アレルギーの発症原因となるハウスダストを減らし、ご家族、別けても、幼い子供達の健康を守るためにも私達アイ・ホームの全館空気浄化システムの家造り技術がお役立ち出来ます。
ハウスダストとは

屋外からの空気を浄化して利用

 ハウスダストの1/3近くが屋外から室内に入っていると言われています。
 アイ・ホームの住まいでは、窓からの通風換気ではなく、第一種熱交換気扇を用いて計画換気を行なっています。一般的には一棟につき1台、又は2台の第一種熱交換気扇を用いて、1時間当り120~240㎥の新鮮空気を室内に取り入れています。
 この時高性能フィルターを用いて取り入れる空気を浄化した上で室内に流し入れていますので、外気を汚すPM2.5等の粉塵物質は97%程度取り除かれた空気を換気に利用していることになります。
 第二種(室内空気を機械的に給気して、排気は自然排気)、又は第三種(室内空気を機械的に排気して給気口は自然給気)のいずれとも異なる、正に安定した計画給気、計画排気が、第一種換気とされています。

室内の空気浄化

 さて、アイ・ホームのマッハシステムは外気導入後の空気を、冷暖房処理した後、全館にダクトで送風しています。
 この時、各室内に送風された空気は、一部(トイレ、シューズクローク、洗面所)からは、24時間約120~240㎥の計画排気を行っている為、室内の気圧は少しだけ排気圧を低くしてありますのでプラス圧となるように設計されている。よって隙間等からの空気の流入を抑える仕組みとなっています。埃も入って来ないことになります。
 更に、冷暖房処理の為に、空気を空調室内に24時間還流させる構造となっており、流量は1時間当り1300~2600㎥の大風量です。よって絶えず室内の空気が循環利用されることになります。尚、この時同時に新鮮空気120~240㎥が混合されています。この結果この環流する空気の室内取り入れ口に、電気集塵器を設置すれば大変効率的な空気の清浄化が図られることになるのです。

 データは次の通りです。

でーた

モーニングアタックとは

 人は寝ている間は、部屋の空気が動かないのでハウスダストは朝までに床に落ち、たまった状態となります。
 朝、人が動き始めると、空気が動きハウスダストが舞い初め、これを吸い込んだ人が、寝起きにくしゃみをしてしまいます。これをモーニングアタックと言います。

モーニングアタックのない暮らし

 とにかく、アイ・ホームのマッハシステムは人が寝ている間も、室内の空気を動かし続けながら、強力な集塵器で空気を浄化し続けます。ちなみに、早朝の1㎥中の粉塵量は200個だったという驚くべきデータも出ています。結果として、ハウスダストが激減し、お掃除もラクラクであるとのご報告を多くの利用者の方から頂戴しているところです。因みに、高鍋モデルハウスの外気には1㎥中に10,000個以上の粉塵が舞っているとのこと。