震度5強で都市は?

震度5強の地震で、都市機能は電車が止まり、水道管が破裂した。

安全な暮らしとは何なのだろう。仮に震度6強だったら関東大震災になってしまう。

都市は過密で、あの関東大震災の時は、火災が相次ぎ、多くの人が亡くなった。

今取り組むべき家づくりは、こうした予想可能な災害リスクに対し、できるだけの備えをして生活を守る必要がありそうです。

とは言え、自分で出来ることは限られているので、ここでは私共の仕事でお手伝いできることを少しだけご案内させて頂きます。

 

① 耐震等級のランク?

等級1 < 等級2 < 等級3

等級1の住宅の被害率は熊本地震では4割程度となっています。更には、倒壊や大破が多数発生しております。

一方等級3の住宅の被害では、大破・倒壊は見られません。

等級1で耐えられる、地震力の1.5倍に対して耐えられるのが等級3とされています。

② 制震ダンパー

建物に伝わる地震エネルギーを40~45%程度吸収し、建物から地震力を軽減し、建物の耐震性を高めます。

③ 地盤と基礎が耐震性を決める観点から、建物の建てられる地盤強度をチェックして地耐力で30Nまで改善するよう、地盤改良工事を前もって行なう必要があります。

1.表層改良、深さ2mまでの軟弱部分をセメント系固化材で、締め固める。

100万円~

2.柱状改良、深さ2~8mの軟弱部分を直径60㎝程取り除き円柱状のセメントと砂を混 合し、柱状の固い地盤とする。 数10万~100万円程度

3.小口径鋼管杭工法   数10万~100万円程度

4.砕石、パイル工法はセメントを用いず、砕石を地面に詰め込んで石柱を形成し地盤補強をする工法

➃ シロアリ被害のない家づくり

どれだけ丈夫に家を建ててもシロアリの被害によって、当初の強度は、全く維持できなくなります。

 

アイ・ホームでは次のような保証を実施しております。

詳しくはスタッフまで。

筋肉量とエアコンの関係

人は体から汗を出して体温をコントロールしているようです。

人は皮膚の表面から放熱と、発汗による放熱で体温調整を行っているとのこと。

男性は筋肉量が女性と比べて多いため、血流の多さは基礎代謝の多さに繋がり空気中の湿度が低い程、男性は体温調節の効率が高くなるとのこと。

夏場には、体温を下げ、睡眠効率を高める効果をもたらす、エアコンの除湿運転が効率的だとのこと。

◎ご覧の通り除湿機の方が男性は睡眠が深いようです。

 

住宅取得減税延長か?

先の9月27日、政府は住宅ローン減税の延長の検討をはじめたとのこと。家電や家具の関連商品の消費も見込める住宅の取得や買い替えを支援するもよう。

これまで、上限4千万の年末のローン残高の1%まで減税。高性能住宅では50万円まで。

特例部分として、11年~13年目まで3年間は2%以内で減税でした。

 

参考資料

土地は誰のものか?

土地の所有者は誰か?

これを登記事項として法務局で調べようと思えば誰の土地であろうと、第3者でも調べることが可能です。

しかしながら適切な相続登記が行われていないと、所有者不明の土地となってしまいます。

人口減少による地方の生活圏の縮小や経済活動の低迷による不動価値の大幅な縮小により、土地所有の負担感が増大しているように感じておられる方は多いようです。

経済的には所有することの方がマイナスとなる地方の土地、山林や休耕地などは、「村おこし」そのものの足を引っ張るものとなっているようだ。固定資産税程の利益を土地が生み出せないのが現状なのです。

これまでの租税のあり方を見直さなければ、地方創成などできはしない。経済的な価値のない土地にまで、一定の課税をすることが合理的でないことは、山林経営を見るとわかりやすい。

諸外国の天然林の木材と日本の人工林では、元々生産コストに大きな差があるのですが、木材市場では同じ素材として価格競争力を問われています。この段階で、日本の人口林価格競争力は無いに等しいことになります。

固定資産税の徴収よりも、山林保全の補助金を出さなければならない状態ではないでしょうか。

家づくりに欠かせない国産材を再生産できるようにしなければ山は禿山になるばかり、山の保水力も落ちて、洪水の原因が増すばかりに思えます。

 

土地を所有する人が所有メリットが出るように、経済は合理性があるようでなければなりません。山林を所有し、木を植え、育て、森で街をつくり、街が森を再生するような仕組づくりを考えて取り組んで行きたいと、アイ・ホームは考えています。

窓は世界に繋がる

Tジュニアが外を見ています。

アイ・ホームの看板犬の「T・ジュニア」君、窓から外を見ています。

室内から外を見ると下から50㎝までが透明で、上はスモークガラス。ジュニア君の視界を守りつつ、生活者のプライバシーを守る工夫です。

この場合気を付けたい工夫について少しだけアドバイス。

このようなスモークシートの利用法は誤りです。直射日光を浴びると、ガラスの縮小の関係で、バリリンと硝子が割れることがあります。

この写真で失敗を思い出しましたので、ご案内。

Tジュニア君のお家では、北側にある窓だから安全。割れる事はないそうです。