アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別社長ブログ一覧

アイ・ホームの家づくり🏠 暮らしを楽しむ part2

一個の球根からはじめよう

カサブランカが咲きました

一個の球根を地中に埋めると、毎年初夏に花を咲かせてくれます。株が増えて、今年は3本。その内の一本は、こんなに大輪の花を咲かせてくれました。室内はゆりの香りがいっぱいです。

庭は、一個の球根 カサブランカを植えることで、こんなにも楽しいドラマを見せてくれる場所に変わります。

一個の球根から、季節をその花と出会える幸いを、感動をもらえます。

アイ・ホームの家づくり🏠 暮らしを楽しむ part1

風鈴

夏になると、どの家にも風鈴の一つや二つは吊るしてあったものだ。

暑い街中を荷車に風鈴をぐるりとぶらさげて、風鈴売りが通る。

涼しい音を撒き散らしながら・・・。

風鈴のビイドロは、街中に光の波を起こしながら通り過ぎてゆく。

風を受けると、いっせいに涼しい音と光の波を立てながら・・・。

あなたの家に、この夏 風鈴を吊るしてみませんか。

南部鉄の風鈴などどうですか。

吊るされた短冊がくるくると回って、夏が少し涼しげに見えるかもしれません。

 

アイ・ホームのマッハシステムの家が梅雨時カラリの理由

窓を開けて通気しても、外気が湿度90~100%では通気で涼を取ろうとしてもムリならば、除湿する為にエアコンの除湿機能を使うか、除湿器を用いることになります。

マッハシステムの家では

上記の通り、簡単に除湿が実現できてしまいます。室温はもちろん快適。

日照時間の短い梅雨時は元々気温は上がらないものです。マッハシステムにおけるエアコンは除湿運転されることが一般的です。何故エアコンの電気代が少なくて済むのかという理由は、

  1. 熱交換気扇によって、外気導入時に外気中の高湿度の一部が室内側に取り入れられる時に、室内からの排気側に移動排出されること。
  2. 外気温は梅雨時あまり高くないので、室内側の室温が25℃前後と高めにコントロールされているため、相対湿度の関係で、自動的に室内側で温度が下がってしまう為。
    ※絶対湿度
    ※相対湿度
  3. 元々、室内側は年間を通じて室温が22℃(冬場)~26℃(夏場)でコントロールされており、同時に天井裏から室内及び床下まで、除湿されており、建物の構造部材である大量の木材が乾燥材として調湿効果を発揮するところとなるのです。大量の空気を床下から天井裏まで循環移動させながら空調ユニット内でエアコンによる除湿機能を働かせることが可能となるシステムとなっています。

 

結果として建物全体を「まんべんなく」除湿できることになるのです。

目で見る新型DCファンの省エネ効果

2021年6月11日の換気扇DCモーターの交換日のデータです。1日タイプのDCモーターは午前8時まで使用していました。午前11時40分頃から新タイプで換気しています。

ご覧の通り省エネできています。

これからのマッハシステムは、このように省エネの改善でエネルギー効率を上げたり、更に今回はDCモーターの耐久性向上の為の改善を行っております。

尚、振動音を低減するための品質の改良も同時に行っております。

このようにマッハシステムの特徴は、必要な物を必要な時に取替え更新できることです。DCファン、エアコン、熱交換気扇をそれぞれ最新のものに交換することで、年を経るごとに性能をアップできるシステムであるといえましょう。

1⃣ DCファンの交換で変わった、音、電気代?

マッハシステムに用いられているDCファンが改良され専用品として供給されている。

自宅DCファンを10年経過ということで全て入れ替えました。

まだまだ、動いていたのですが、改良されたDCファンがどのような効果があるのか自ら確認すべく実施した次第。

 

 

静かになりました。

現在DCファンを取り付けるための固定方法を工夫して固定部に

パッキンを挟んで止めました。

他の現場(皆様の家)でも同様にしておりますが、当初はこのパッキンは使用されておりませんでした。

全国のマッハシステム採用店の方にもお知らせしなければと思っています。

標準施工にはない工夫が現場の職人さんによって行なわれ、消音に役立っているようです。

さて、全交換で、実に静かになりました。

我が家は19個のDCファンが用いられていますが、それまで、空調ユニットからDCファンの音が夜など静かになると気になってしまいましたが、全くといってよい程、静かになりました。

以前の音量を10とすると1ぐらいまで音量は下がっています。

 

消費電気代が下がった

 DCファン19個分の消費電力量が3/5に低下しました。

年間の消費電力(19台のとき)

旧 DCファン 1日50円×365日=18,250円

新 DCファン 1日30円×365日=10,950円

年間8,000円の節約

私の家では今後10年間で8万円の電気代が節約になります。

加えて、再エネ発電賦課金が10%多く負担しなければならないので、現実には年間8,800円の賦課部分も節約になります。

合計で88,800円の節約です。

更に、これから電気代は値上がりすることでしたから、もしかすると、年間1万円、10年間で10万円の節約ができることになります。

 

一般的な家のDCファン電気代は?

 我が家は、2世帯住宅で部屋も広かったので、参考のため35坪程度の家で試算してみましょう。

DCファン13台の場合1年間の電気代は?

年間で20.5円/日×365日≒7,482円/年

1月あたり 7,482円÷12=623円/月

年間で7,482円となります。

もちろん、現在使用されている新型のDCファンの場合です。

 

月別社長ブログ一覧

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623