アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別社長ブログ一覧

新型エアコンの弊害

 この度、お客様にご迷惑をおかけした件について、ご報告致します。
 ダイキンのエアコンで今年正月以降の製品に人感センサーが近くの壁の温度を感知して働きを制御するタイプのものがございます。
 マッハシステムに設置された空調室の壁温度に反応して、度々エアコンが動作をストップさせる為、従来の空気温度を感知するサーモ制御タイプのように、穏やかな運用が出来なくなっておりました。
 対処方法は、新しく付けられたサーモカメラタイプのセンサーを作動ストップさせれば良いということになります。
 正月以降、このタイプのエアコンが5棟分利用されておりましたので、早めに係の者がお伺いして調整をさせて戴きますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 この件以外でも、お困り事があれば何なりとご一報くださいませ。


満足度の向上

 入居後満足度調査というものが行われています。
 平成25年調査で「住宅」に対する不満要素の上位5項目は
①高齢者などへの配慮      53.5%
②地震時の住宅の安全性     48.6%
③冷暖房などの省エネルギー性  46.7%
④住宅のいたみの少なさ     45.2%
⑤住宅の断熱性や気密性     44.1%
 デザインや使い勝手の満足度は入居後、急速に低下しますが、先の5項目は住む程に大切なポイントであったことを痛感される方が多いようです。
 先日、長崎からH建設の社長が来社されました。H建設の家はデザイン性の高さが売りで、多くのお客様はこのデザイン、特に外構計画とのマッチングにおいて他社に無い魅力を持つH建設を選ばれているそうです。
 ところが、なのです。入居後7年目のマッハシステムをご採用のお客様から、「マッハシステムが素晴らしいのでお客様を紹介します」と言われたとのこと。デザインでは無かったとのこと。
 「デザインでは無いのか」と問うと「マッハシステムだ」とのこと。yjimage


見学会ではなく体感会

 家造りを計画された方が、行われる大切な情報収集に、見学会への参加があります。
 「見る」ことに始まり、比較することで、「得」の多い商品を捜すことになります。
 目と頭脳で理想の住まい造りを組み立てる作業となります。
 ところがです!アイ・ホームの住宅展示場は「体感モデルハウス」なのです。先日行われた炎暑の中での展示会では、暑い戸外から室内に入られた途端に「なに、この涼しさは!」と言われます。何処を捜してもエアコンは見当たらず、不思議な快適さを皮膚や爽やかな空気感を鼻で呼吸することで感じ取られることになります。
 分けても、暑い日の最高のおもてなしは涼しい風です。お客様が夏場お出でになれば、何はともあれ、クーラーのスイッチオンということです。
 アイ・ホームのマッハシステムは外出先から帰宅された時、この暑い夏場でも24時間、快適温度で私達を迎えてくれます。
 しかも省エネ。年間のエアコンの消費電力は従来の1/2~1/3に減少。これまでの常識を覆すハイレベルな空調性能と省エネを同時に実現出来ています。
 五感で体感して戴くことでわかる住宅の真の価値は実現された快適温熱環境ではないでしょうか。ŒÜŠ´ƒCƒ‰ƒXƒg


佐土原町完成邸展示会 レポート

 暑い中、多くのご来場を戴き誠に有難うございました。
 とにかく、暑い2日間でした。このところ雨も降らず乾ききった屋外は、沖の台風の影響で、風だけはタップリ吹いていましたので、汗は拭く必要はなく全て蒸発。
 「ワァ~、我が家と全く違う」
 お客様のアパートは、夏場の屋外に置かれた車同様、ドアを開くと、室内から熱風が吹き出して来るとのこと。
 「マッハシステムは快適ですね、こんなに差があるとは思わなかった」
とのこと。
 更に、当該展示場は設計上、南面する掃き出しサッシの上に、幅600~750mm程度の庇や、バルコニーがあり、真夏の直射日光が室内に直接差し込まないようになっていたことが素晴らしいと思いました。
 屋外から建物の南面を見ると、見事に掃き出し窓の所に日影がありました。
 夏の太陽は、入射角度が高く、効果的に少し出た庇の影が、太陽熱の遮熱を行ってくれます。
 更に建物本体の高断熱施工と相俟って、涼しさ満点の室内環境を実現していました。
 又、冬場には、太陽の入射角度が低くなりますので、庇は邪魔にはなりません。
 室内に冬の太陽熱はタップリ取り込めます。冬場この熱だけで暖房はOK、マッハシステムの空気循環システムで北側のお部屋も暖かくなるということです。
 快適な生活環境は体感することで、その価値観がどれ程のものか、良く理解して戴けるということで、「夏こそ、体感見学会」にお出かけ下さい。
 常設展示場は、都城(三股)、延岡、宮崎(曽師、住吉、佐土原)にございます。
庇の影
見学会


体感時間を生きる

yjimageCASNZCOX 時間には、クロノスと言われる実時間、時計の刻む規則正しい時間と、カイロスと言われる体感時間とがあるようだ。
 ギリシャ神話では、「時の神」と魂が同時に生まれたとかで、この魂が、感じた意義深い体感時間こそが、人生の不思議を私達に気付かせてくれるのだということでしょうか。
 地上に建つ戸建住宅は、人の耳・鼻・皮膚を生き物の感覚として覚醒させてくれます。特に庭の草木、垣根越しの周囲の木々が風に揺ぐ様はこれに向き合う自分の五感がこうした環境の変化を捕えながら覚醒されてゆくことを教えてくれます。
 さりげない日常に充実した実人生があることを気付かせてくれる瞬間とは、自然との触れ合いや自然の変化の中に生きる自分に気付くことなのかも知れません。
 我が宿の いささ群竹(むらたけ)吹く風の 音のかそけきこの夕べかも (大伴家持)


マンションから地上へ

 利便と鍵一本で確保されたプライベート空間。終(つい)の栖(すみか)でひっそりと暮らしたい。人の一生、住宅双六(すごろく)あがりのストーリーだ。最後はマンションで鍵一本の暮らしということ。
 日常を彩る景色は俯瞰(ふかん)する街と空。ここで生まれた子供達は、鳥類のように中空で暮すことに慣れ、高所平気症となり、翼のない毎日から逃れ出るため、広い公園が大好きだ。解き放たれた野鳥のように飛ぶように公園を走る。
 気が付けば大人達もより遠くより広く、非日常を味わえる旅好きな渡り鳥のように生活観察者となる。
 マンション生活のことをこう言っては言いすぎなのかも知れないが、しかし。
yjimage 地上に暮らすと足音、風の音、草木の花の香りを身近にすることとなる。視覚より聴覚、嗅覚、触覚から得る情報が多く、さりげない日常に季節の訪れを知ることとなるが、秋は金木犀の香りとともに、草に鳴く虫の音に深まる秋を感じることとなる。
 マンションの高層階にそれがあるだろうか。


蝉の声が聞こえない

yjimageCAUTBM7A 夏は蝉の声が地上に満ちている。ところがアイ・ホームのマッハシステムの家では、窓を開けない限り静かな空間となる。
 アイ・ホームの社員の方は、ご案内時にぜひ窓を開け閉めしてもらいたいものです。蝉の声が一瞬にして消えるので、皆様驚かれるところです。
 さて、高断熱高気密の家はこのように遮音性能も抜群です。ということは、ピアノやご家庭でのカラオケルームにも最適な工法となっています。
 3年程前でしたが、佐土原町の介護モデルハウスに、夜間見学者が来場されました。「ちょっといいですか」そのように言われた後、大きなスピーカーを2台、そうしてプレイヤーを繋がれスイッチをON。大音量が響き渡りました。「外に行ってみます」と室外へ。私も後から続いたのでした。室内からはトランペットの音が漏れ聞こえていましたが、「これなら、ご近所トラブルはないな」とお客様は納得されていました。「お客様、今からシャッターを降ろしますので、ぜひ確認して下さい。もっと静かに成るはずです。」と急いで室内に戻り、シャッターを締めた。
 再び外へ出てみると、お客様が見当たらない。ようやくにして気付くと、その時お客様は、シャッターにぴったりと寄り添い耳を近づけておられたのでした。夜だったので、人影としてその様子を目撃したのでした。
「もう聞こえないのと同じだ」との感想でした。
 マッハシステムの家の防音性能が、これ程とは思えない程、大発見の瞬間となりました。
 その方はドクターで、ストレス解消に音楽が一番とのことでした。むろんアイ・ホームでお住まいを造らせて戴きました。


「我が家リゾート」

 もっと素敵に、もっと自由に、佐土原町光陽台モデルハウス予定地、以下のように眺望改善されました。
 ここにモデルハウスが建てられます。遠くに見えるのがシーガイアオーシャンリゾートです。
kouyoudai
map (1)
 夢のある暮らし、提案します!


神宮完成邸展示会報告

 先日は宮崎市の神宮で完成邸展示会を開催させて戴き、誠に有難うございます。
 お施主様の工夫のあれ、これが実に新鮮でした。お住まいになる方のこれまでの人生と、大切にされていた価値観がいっぱい詰まった素晴らしい展示会だと感じました。
 設計担当者も会心の作となったようです。私が特に注目したところは、寝室入口の4段の階段です。平屋と言えば、バリアフリーということで平坦なものが一般的ですが生涯のうちで4段の階段が上がれなくなることはほんの少しの間かと思えば、この4段が、特別な寛ぎ空間へのアプローチということで、この特別な上下感がもたらす、奥行きのある「間」を設計出来ていると感じたことでした。素敵でした。
 「使える」設計ということで、ぜひ、アイ・ホームの展示モデルハウスでも、お目にかけたいと思っています。

展示会


シャッター断熱考 №2

 友人から連絡で前回のことで質問がありました。
Q) トリプルサッシよりペアの方が断熱効果が高くなるのは何故?
A) ペアの方が断熱性能が低いので、シャッターを付けると断熱効果が出やすいのです。
 逆に、トリプルサッシは、断熱性能が良すぎるのでシャッターを付けても大きく断熱性能がアップすることはありません。約10%程度でしょうか…。


シャッターで断熱性能アップ

 今年からシャッター利用で断熱性能の評価が得られるようになりました。
 冬シャッターを閉めて暖房をすると、効きめがアップすることや、夏 東の朝日をシャッターを閉めて入れないようにすると、室温がアップしないことは体験的にお気付きの方も多いと思います。
 サッシの性能では
   ペアガラス   + シャッター     20% ↗
   トリプルガラス + シャッター     10% ↗
 となり、20~10%窓の断熱性能がアップするとして、国が認定しています。
 夏場の住宅の熱の出入りは、窓からが70%と言われています。床・壁・天井・換気の合計で30%しかありません。窓の性能アップがいかに大きいかということです。この性能を20%もアップ出来るのですから効果甚大です。夜は防犯上もシャッターを閉めて、冷房の効きめを20%アップした方がお得ということになります。
 アイ・ホームでは、防犯・防災・断熱の効果で、シャッターは大変役に立つ部品だと考えています。

夏


ハウス・オブ・ザ・イヤー解析データ

img-727151655-0001
 データ左端がアイ・ホームです。ご覧戴ければ一目瞭然。省エネ性能が高い順に並んでいます。大変有難い賞を戴いたと思っています。自称ではなく、第三者、それも公的な認証を得られたことを誇りにこれからも努力して参ります。


もっと素敵に、もっと自由に

“空と海と住む 高台ガレージハウス”
 以前ご案内のモデルハウスようやくデザインが決まって、着工に向け設計書類の提出を行うことになりました。外観は少し変更あるかもしれません。
従前
プレゼンボード2
 暮しこそが、人生を豊かにしてくれる。旅行に行くよりも素敵な日常を「生きる」。アイ・ホームはそんな住まいを提案したいと考えました。
 住まいは、利便よりも、ロケーションだとお考えの方に、この提案をご覧戴きたいと考えました。夢のある、ドラマティックな人生を生きたいものです。
 アイ・ホームでは、もっと素敵に、もっと自由な住まいのご提案をしたいと思います。


ゼッチ補助金25棟 全棟合格

 先日、日本住宅産業研究所より取材申し込みを受けました。全国で最も合格率の高い秘訣を聴かせて欲しいとのこと。
「簡単なことです。省エネ性能順とのことですから、建物の断熱性能が良く、住宅設備機器が省エネ性能の高い住宅であれば、確実にゼッチ認証は得られます」
以上がその解答です。
 一般的には50%の合格率ということでした。
 アイ・ホームの実力はなんと言ってもハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーの大賞受賞ですから、一棟も落とせません。
 宮崎県内の住宅は日本一の温暖な環境下に存在することを考慮すれば、日本一快適で省エネルギーな暮らしが実現できるはず!
 東京で土地25坪で5000万にペンシルみたいな家を建てて暮すよりも、ゆったり省エネに暮せるほうが幸せというものです。
 来年は倍の50棟でゼッチ合格を目指します。
yjimageCA9BLCP2
※ゼッチとは、省エネ住宅の実質的消費エネルギー分を、太陽光発電で創エネすることで、プラス・マイナスでゼロ以上になるように計画された家づくりを対象に出される国の補助金の制度のこと。


ミッキーの夢の住まい

 ミッキーはネズミの子供。夏は暑くて大きらい。それでも床下は夏でも涼しいので、暑い夏はもっぱら床下で昼寝です。
 昔の家には、この涼しい床下好みの青大将様が住み付いて、ミッキー達を狙っていました。
 ところが、この頃の新しい住まいには、密閉基礎が増加して、この大好きな床下にミッキーも青大将も入れなくなってしまいました。
 マッハシステムのことを耳にしたのは、ミッキーが宮崎にやってきてからしばらくしてのことでした。
 夏は屋根裏から床下まで、快適温度で25℃前後、湿度は50%。
 ミッキーは床下ばかりか、屋根裏でさえ、いつでも昼寝が出来ることに気付きました。
「なんとか、この夢の住まいに住みたいものだ。」
 アイ・ホームの住宅展示場では、ミッキー様以外の宮崎県民の皆様のご来場を心からお待ちしております。
みっきー


宮崎市にて構造見学会、7月23日24日開催レポート

 現場見学会は無事開催させて戴きました。先ず、お施主様に御礼申し上げます。有難うございました。
 暑い中での見学、ご来場のお客様には重ねて、心から御礼申し上げます。
 さて、暑い戸外から、室内に入られたお客様が、一様に「涼しい」と言われました。それは、しっかりとした断熱施工のお陰です。
 窓は付けてありましたが、クーラーは当然取付してませんので風を入れるべく開放。それでも風の無い日でしたので、この断熱だから涼しいと言われ、やっぱり体感することが一番だとのことでした。
 尚、防蟻処理も地上1.0m一般的な施工に比して二階の桁下まで地上3m程度まで、アイ・ホームの防蟻処理は行われておりますのでご覧下さった方は本当に納得です。
 当日作業着でご来場の方がおられましたが、電気工事屋さんとのことでした。他社の工事をおやりとのことでしたが、奥様がアイ・ホームファンとのことで、検討したいとのこと。
 「比べてみると、まったく違いますね」とのこと。
 当日は工事部長の浜口社員が2階までご案内して説明をさせて戴きました。これからも月に一度程度は現場見学会を開催して参ります。以上。
kouzou


2歳までの乳幼児は肺が未熟

 PM2.5の健康被害について、慶応大学医学部教授、井上浩義先生はこのようにおっしゃっています。
inoue
 以前は健康診断の調査項目に、「あなたの家は交通の頻繁な所から何メートル離れていますか?」という問いがありましたが、今は見なくなりました。
 昭和45年東京の牛込柳町交差点近くの人々が排ガスに含まれる鉛中毒の疑いがある人が多いと新聞に大々的に取り上げられました。
 アイ・ホームのマッハシステムでは、室内に取り入れる換気経路に高性能フィルターを装着し、PM2.5を95%除去可能です。


有難い仕事

 先日、UMKの展示場に行きました。日南からお越しの若いご夫婦がご来場されて、これからの家づくりを考え始めたばかりとのことでした。
 転勤もあるので、そのうちにとのこと。見るからに、お子様中心で楽しいご家庭を守られている様子が健気で、輝いて見えるのは、私が年を取ったという事かも知れません。
 つくづくとこんな素敵な方々のこれからの「住まいづくり」のお手伝いが出きるかも知れない私たちの仕事は有難い仕事だと思ったことです。
 出会いの機会を戴き、家づくりを志す方々と初めてお会い出来たばかりなのに、親しくお話をさせて戴くことの有難さ。
 生きて、体の続く限り、口は元より達者なれども、耳が遠くならない限りお客様と家づくりのお話がさせて戴ければと思ったことでした。
yjimageCAKD1SE5


良質住宅ストック形成のための市場 環境整備促進事業の公募採択のお知らせ

 アイ・ホームでは平成28年度ストック維持・向上促進事業として、『地域密着の工務店と金融機関が連携した「買取価格表示」に基づく住宅ストック維持向上促進プロジェクト』が住宅資産の価格維持向上に資する取組と、それを適正に評価する流通・金融等の取組とが一体的な仕組みとして効果を発揮する等の観点からの評価を戴きました。
 具体的には宮崎地区では、アイ・ホームと宮崎銀行が協力してお客様の家づくりと、メンテナンスまで含めたサービスの提供をサポートする事業となります。新築計画のお客様に1棟あたり100万円の助成が受けられるようになります。但し今年度は数は望めません。来年度から4年間継続の事業となりますので、これからが楽しみです。


西都市 7月9・10日 見学会レポート

 台風の影響で大雨の予測される中での展示会。
 雨は予測より小降りで、なんとか、多くのご来場を戴くことが出来ました。有難うございました。
 3世代同居の家ということで、見所もたくさんありました。
 ダブルキッチンや世代同士の自然な交流が促進される中庭設計など。
 又、マッハシステムによる全館空調の心地良さも格別で、大変好評を戴きました。以下写真にてご案内致します。
 アイ・ホームはたとえ台風でも約束の広告は打たせて戴きます。神様の同情を戴けたのか、お陰様の展示会でした。
なが


月別社長ブログ一覧

...89101112...20...

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623