アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別社長ブログ一覧

電子式全館空気清浄ユニット

粉塵拡散抑制効果

このデータは2018年11月27日にアイ・ホームの高鍋モデルハウスで行われた実証実験で得られたものである。
モデルハウスの表記の場所、洗面室の手前の廊下部分で、お線香に点火して煙を発生させながら寝室と居間における空気汚染が、どの程度広がって行くかを測定したものである。
結果的には、発煙した線香から飛び出した、煙粒子は近くの空調室に吸い込まれた瞬間に電子集塵器の静電気によって吸着、除去されてしまう為、他の部屋に拡散することがない。このデータは、驚く程の結果を示しています。

図2図3※居間及び寝室の検出結果は、ほぼゼロのままでした。

アイ・ホームの新製品電子全館空気清浄ユニット
消費電力の優位性
図4
※一般的に据え置きタイプの空気清浄機は、一年中連続運転はしませんので、もし一年間通しで利用すればとの比較になります。

①  但し、約10分の1の使用電気料金で済むアイ・ホームの24時間全館空気清浄機と同じ電気代で5台を同時に使用したとすれば、毎日5台を2時間しか利用できないことになります。
これでは用を成しません。
アイ・ホームの全館空気清浄機は24時間365日空気を浄化し続けます。
②  更に、1台当たりの据え置きタイプの空気清浄機のコストは
図図5
③  アイ・ホームの全館空気清浄ユニット
図6プレゼン資料


長期間家を不在にされる方へ

一般的な工法の住まい

 一般的な家では長期不在時には、週に1回程度、窓を開けて風を通し、室内に溜まった湿気を追い出す。日光を室内に取り込んで、紫外線による消毒をされることでしょう。
梅雨時や、台風時には、風通しや日光の取り込みは困難となり、理想的な維持管理は不可能です。

マッハシステムの住まい
長期不在に威力あり

 マッハシステムご採用のお客様には、次の3点をご提案します。炎天下の夏、不在にされた家に2ヶ月振りに帰られたとしても、ドアを開けた瞬間、貴方を高原のリゾートのような快適温湿度空間が出迎えてくれます。
aoitori「ようこそここへ クック クック  私の青い鳥」 (桜田淳子の歌より)
 ということで、マッハシステムは青い鳥となって皆様を快適な世界へ導いてくれるのです。それでは、快適維持管理テクニックを公開させて戴きます。

①  遠隔操作で維持管理

 アイ・ホームの全館空調は、一台のエアコンで全室の温度コントロールが可能です。
 今日では、スマホ画面に室温と湿度が表示され、このデータを利用してエアコンの適正運転を操作することが出来るようになっています。
 ネット環境が家に出来ていれば、全て解決です。ぜひご相談ください。
 尚、家庭用エネルギー管理システム(HEMS AISEG2)を設置(アイ・ホームでZEH利用)のお客様は、こちらを利用されることで、室内の温湿度を計測可能です。こちらと組み合わせることも可能です。

②下記の一覧表に基づき操作

エアコン

※家の広さ、窓の大きさで実際にはエアコン・コントロールに差が生じます。
※4月、5月、10月、11月の外気温が快適な頃はエアコンストップでもOK。

③ 埃対策について

 長期不在となれば、室内の埃が心配です。こちらについては、一般的なこれまでのマッハシステムでは、3~6ヶ月に1回程度送風経路に設置されたフィルターに掃除機をかけて戴くことでマッハシステムの維持管理が可能でした。加えて、設置されている空調器の清掃を最初にして戴くことで、以後1年間程度はそのまま空調機を稼働されていてもエアコンについては問題ありません。
 又、今般供給開始しました全館空気清浄システムをマッハシステムに組み合わせて戴くことで、約1年間について空調室内の送風用フィルターは清掃はしなくても良さそうです。後付けの電気集塵器の埃を静電気で捕集する力が強く、フィルターのような目詰まりもなく、長期間性能が落ちない為です。
 又、空調室へのリターンガラリについては、生活時に発生するハウスダストが無人の状態では生産されることがなくなる為こちらも年に2回程度でOKかと思います。とは言え、人の目によるチェックはやはり大切です。マッハシステムにおいても、定期的に留守宅の状態をチェックされておいた方が良いことは申し添えておきます。


基礎断熱と床断熱のちがい

基礎断熱と床断熱のちがい
(床断熱の場合)

 下の図をご覧下さい。

ズ

①  押入の中の空気は静止空気層とも言えるので室内をエアコンで加温しても、押入の中まで暖房効果は及びません。

②  床下の0℃の空気は風が強い日には、常に外から0℃の空気が流れ込み床下から室内の熱を奪い続けます。

③  断熱材の内部の温度は、敷蒲団の直下が最も冷やされることになります。何故なら室内空気の対流の恩恵にあずかることがないため加温されないことになります。敷蒲団に水分が多ければ最も下に置かれた敷蒲団の中の温度が低くなりそのため結露やカビの原因となるようです。断熱材の厚さにもよりますが、床断熱の家では、床暖房でも入れない限り、スリッパなしで歩けば足裏が冷えると言うことです。一般的に床断熱は押入やクローク、壁際には暖房配管されていないので、押入の中は、この図のような環境となります。

アイ・ホームの基礎断熱とマッハ空調のベストマッチ
(アイ・ホームの場合)

zu2

①  アイ・ホームの基礎断熱は図のようになっております。床下は外気を遮断する密閉構造となっており、冬の冷気は入って来ません。

②  床下には冬場暖気を絶えず吹き入れており、計画経路で室内に回収しています。よって床下の温度差は室温より、1~2度下がりますが、概ね21℃以上に保たれております。

③  加えて室内の循環空気、全館空調による暖気で床表面温度は23℃~24℃となっており、床暖房なしで温かな暖房空間が実現できることになるのです。

④  押入の中はマッハシステムでも空気の流れは阻害されますが、床下空間の温度が21℃前後と高い為(通気工法の基礎では0℃の時でも)1階床下と敷蒲団との間の温度差は小さく冬期、結露・カビはご心配いりません。

⑤  尚、外壁の断熱材と室内側のプラスターボードの間には一定の電気配線や通信配線の為の空気層が設けられており、押入内部に外気の冷たさが熱伝導より伝わりにくくなっております。

これにより、マッハシステムご採用のお客様には、押入カビでお困りの方はいないということになります。


高性能住宅はやっぱりお得

高性能住宅は1


データ公開(アイ・ホームの住まい)

K邸電気料金収支表

※アイ・ホームのZEH仕様の住宅。マッハシステム採用。
※太陽光発電は4kWです。
※2018年3月に停電あり。データが少し減っているとの事でした。
※38坪の床面積。オール電化の暮し。ご夫婦、子供2人。

  住宅性能表示でBELS(ベルス)約60%削減の住宅にお住いのK様よりデータを戴きましたので公開させて戴きました。概ね一般的な住宅の使用エネルギーコストの15,000円の約40%で平均6,000円の支払いで生活されているようです。
尚、使用電力量と売却電気量を比較すると5,623kW:5,757kWとなっておりほぼ同量となっています。これはZEHの理念通りでプラス・マイナスゼロになるように太陽光発電の規模を合わせた結果です。
但し、電気料金で換算すると売電収入の方が多くなっています。年間66,517円の収入増は利用者メリットが出るように国が政策的にしているためです。
この制度のあるうちは利用した方がお得なことは明白です。


2月16・17日 都城完成邸展示会レポート アッパレ霧島山を望む!

miyak1

霧島の端正な眺めが素晴らしい。

miyak2

ウッディな外観ですが、軒がたっぷりですので安心です。

miyak3

たくさんのご来場有難うございました。

miyak4

ウッディな内装、広々としたつながり。

miyak5

キッチンから広々リビング。

miyak6

キッチンのバックヤードも開放的です。

miyak7miyak8

miyak9

これから外構が楽しみです。

miyak10

アクセントウォールもムク材です。

miyak11

この遠景が楽しめるように秋廣社員は大きな額縁を製作し
⑥のキッチンバックヤードの大開口を提案したそうです。
食事をしながら一年の移り変わりを霧島山を見て楽しめそうです。

アッパレsennsu


2月16・17日 日向財光寺完成邸レポート

hiyuu1遠くまで見渡せるリビングです。

hyuu2

和室の畳、ブルーの縁が爽やかです。

hyuu3

キッチンも明るい。

hyuu4

リビングから和室を見る。

hyuu5

2階バルコニーから遠景。

hyuu6

素晴らしい青空でした。

hyuu7

家からの眺め思わず見てしまいます。
ご来場有難うございました。


2月9,10,11日開催 木城町リフォーム展示会リポート

1新築以上のインパクトだったようです。
住み継ぐ喜びを新しい時代にリフォームしました。

2

ストリップ階段は昔無かったですね。

3

伝統の和風外観

4

外は梅の花が…もう春ですね。

5

床柱はそのままに、新しく

6

広々とした室内

7

キッチンもオール電化へ

◎断熱改修及び断震リフォームを行ないました。


ハウスダスト激減、お掃除ラクラク生活

 目に見えにくいハウスダストは、一般家庭の年間平均値として、1gの埃の中にダニが2000匹、カビが約3万個、細菌が800万個検出されたという調査結果があります。
 アレルギーの発症原因となるハウスダストを減らし、ご家族、別けても、幼い子供達の健康を守るためにも私達アイ・ホームの全館空気浄化システムの家造り技術がお役立ち出来ます。
ハウスダストとは

屋外からの空気を浄化して利用

 ハウスダストの1/3近くが屋外から室内に入っていると言われています。
 アイ・ホームの住まいでは、窓からの通風換気ではなく、第一種熱交換気扇を用いて計画換気を行なっています。一般的には一棟につき1台、又は2台の第一種熱交換気扇を用いて、1時間当り120~240㎥の新鮮空気を室内に取り入れています。
 この時高性能フィルターを用いて取り入れる空気を浄化した上で室内に流し入れていますので、外気を汚すPM2.5等の粉塵物質は97%程度取り除かれた空気を換気に利用していることになります。
 第二種(室内空気を機械的に給気して、排気は自然排気)、又は第三種(室内空気を機械的に排気して給気口は自然給気)のいずれとも異なる、正に安定した計画給気、計画排気が、第一種換気とされています。

室内の空気浄化

 さて、アイ・ホームのマッハシステムは外気導入後の空気を、冷暖房処理した後、全館にダクトで送風しています。
 この時、各室内に送風された空気は、一部(トイレ、シューズクローク、洗面所)からは、24時間約120~240㎥の計画排気を行っている為、室内の気圧は少しだけ排気圧を低くしてありますのでプラス圧となるように設計されている。よって隙間等からの空気の流入を抑える仕組みとなっています。埃も入って来ないことになります。
 更に、冷暖房処理の為に、空気を空調室内に24時間還流させる構造となっており、流量は1時間当り1300~2600㎥の大風量です。よって絶えず室内の空気が循環利用されることになります。尚、この時同時に新鮮空気120~240㎥が混合されています。この結果この環流する空気の室内取り入れ口に、電気集塵器を設置すれば大変効率的な空気の清浄化が図られることになるのです。

 データは次の通りです。

でーた

モーニングアタックとは

 人は寝ている間は、部屋の空気が動かないのでハウスダストは朝までに床に落ち、たまった状態となります。
 朝、人が動き始めると、空気が動きハウスダストが舞い初め、これを吸い込んだ人が、寝起きにくしゃみをしてしまいます。これをモーニングアタックと言います。

モーニングアタックのない暮らし

 とにかく、アイ・ホームのマッハシステムは人が寝ている間も、室内の空気を動かし続けながら、強力な集塵器で空気を浄化し続けます。ちなみに、早朝の1㎥中の粉塵量は200個だったという驚くべきデータも出ています。結果として、ハウスダストが激減し、お掃除もラクラクであるとのご報告を多くの利用者の方から頂戴しているところです。因みに、高鍋モデルハウスの外気には1㎥中に10,000個以上の粉塵が舞っているとのこと。


驚異の実証実験生活 (カビなしバスルーム生活)

 アイ・ホームのお客様方にカビなし浴室新生活のご提案をさせて戴きましたが、今回は、驚異の実証実験生活を送られている方からのご報告です。
 その方は、ユニットバスの維持管理で、浴室の天井と、壁の高さ1.5m以上の部分には手を付けず、そのままで使用して来たとのこと。但し床面と高さ1.5メートルまでは使用時に清掃、拭き取りは行っているとのこと。なんと3年間。
 結果として、3年間で黒カビ、赤カビの発生は認められないとのこと。見学を希望される方はあらかじめアイ・ホームの田村までご一報下さい。但し現場は少し遠方になりますので要注意です。


アイ・ホームのマッハシステムでカビなし浴室新生活 (室内洗濯物乾燥室がついて来る)

 マッハシステムでカビなし浴室生活を実現しましょう。
 年末になると、大掃除の番組が人気です。特に、浴室の掃除では黒カビ、赤カビをどのように取り除くか、蘊蓄のある説明、実演と盛り上がり、今年も平和に暮れてゆくなーなどと、年末テレビ定番の風物詩となっています。
 さて、アイ・ホームのマッハシステムの家では、バスルームが朝起きてみるとピカピカのカラッカラになっている、正に夢のような清潔生活が出来るのです。

ピカピカ、カラッカラの秘密

 或るお客様からのご報告です。
 アイ・ホームからお引渡しを受けて初めての冬をお過ごしなのですが、どのような浴室利用なのでしょうか。
 「冬は寒いので浴室換気はしないで、入浴。最後の人は、お湯を抜き、浴室を拭き上げて浴室側の扉は開けて、洗面室の入口は閉めて出る」とのこと。浴室換気扇はストップしたままです。
 そうすると、ピッカピッカのカラッカラ。

マッハ工法の功能原理から

 アイ・ホームの家は高断熱、高気密の家です。特に、高気密(C値0.1~0.5程度)です。浴室換気扇を作動させると、室内が負圧になるので、浴室の小窓を少し開けて戴くことでスムーズな排気が可能となります。小窓を開けずに排気を続けると、ファンの音だけして、排気がスムーズにゆかない状態となります。又、冬の外気は冷たいので、入浴時の室内温度が低下してしまいます。ですから、ヒートショックを防ぐ為にも実のところ、換気をせず入浴する方が理に適っています。
 浴槽のお湯の水蒸気は室内に充満しますが、浴室の壁や天井は、マッハシステムによって22℃~25℃と温められており、結露の条件を満たしていませんので、お湯がかからない限りに乾いています。
 しかし入浴するとお湯40℃からの水蒸気が人の体表面からも多くの蒸気が空気中に放散される為、湿度が90%以上となり壁表面に結露が発生します。ウッスラとではありますが、水分は取り除かねばカビの原因になってしまいます。拭き取るか乾燥させる必要があるようです。
 さて、入浴後出入口を開放することで、洗面所の室内と空間が連続してしまいます。この2部屋の気積が20㎥~30㎥に対し送風設定「L」のとき換気量100㎥/hの空調室からの給気が連続的に行なわれると、1時間当り3~4回の換気が行われることになります。更に第1種熱交換器の排気口がここに設置されておれば、1時間当り40㎥~50㎥の排気がこの場所で行われることになります。排気だけ考えても1時間に1回以上の換気が出来ていることになります。尚、送風設定は「M」で200㎥/h、「H」で300㎥/hとなります。風量を高める程良く乾きます。

室内洗濯物乾燥室として長期利用の場合

 乾燥室と位置づけることを考えると、洗面室に2本の給気口を設け、送風を「M」設定すれば1時間当り400㎥の風量となります。1時間当り10.3回の高速換気となり確実な洗濯物専用乾燥室が出来上がります。給気口1箇所でも送風設定「H」で300㎥の風量は確保できますが、ファンの耐久性の面から「M」の200㎥までの利用が良いかと思います。よって2台で400㎥がベターです。
 ということで、これだけの換気が連続的に行なわれることで、浴室はカラッカラに乾きます。調温と除湿がマッハシステムで浴室と洗面所を温かくカラッカラにしてくれることになるのです。
 一方3種換気だと大風量でも、外気が排気量と同じだけ、冷気で浴室に入ることになり、浴室の気温は急降下、相対温度は急上昇となり浴室壁に結露してしまいます。ここにカビがついてくることになるようです。

ピッカピカは何故

お風呂
 これは、入浴最後の方の清浄力の賜、皮脂、髪の毛等をきれいに取り除き、熱湯で洗浄し、拭き上げて戴かなければ実現致しません。結論ではありますが、浴室のカラッカラは、マッハシステムで簡単に実現できます。
 ピッカピッカは奥様ご主人など皆様の努力次第と言う事でしょうか。


マッハシステムが変える設計の可能性 設計の常識が変わる

①  北側に大開口窓のあるリビング設計

 仮に北下がりの傾斜地の場合、北側の眺望は大きく広がることになる。こうした土地での、一回目提出プランに、北側リビングのプランを計画してみてはどうだろう。
 むろん、南側リビングのプランも用意しておかなければ、非常識の謗りを免れないこととなり、受注合戦から一挙に転落する場合もあるのでご用心。
 さて、北側リビング提案可能なことは、マッハシステムのもたらす温熱環境が北も南も温度に差がないことによります。特に夏ともなれば、南面からの輻射熱が室内に大きな影響を与えそうです。これに対し、北側に建物が建つ恐れのない場合、たっぷりな眺望を楽しめる高台に位置することになり、更に北下がりの斜面が緑に覆われていたとすれば、南からの陽光を少しでも受けんとする木々の緑が色鮮やかに見渡されることでしょう。「風光る」春などは最高の景観を得ることになるのです。
 このように一席も二席もぶって、この北側リビングのプランを提案してみては如何か。誰か成功した時はご一報願いたいものです。

②  玄関から居間へのリビングドアは不要

 玄関から居間、居間から玄関へ移動する時、豪華なリビングドアの選択に頭を悩まさずとも良くなりました。戸外から玄関、リビングまで見通しにならない設計であれば、特にリビングドア無しでも良いのです。プライバシーの保護と室内外の温湿度を区切る大切な役目がドアの使命でしたが、マッハシステムで、全室の温湿度が均一化した今日、後者の役割は不要とも言えます。
 寒い日の暖房をムダにしない「ドア閉めて!」と子供達に仕付けることは、これからなくなってゆくのでしょう。
 「余所(よそ)様」に行った折には、リビングドアがあるので出入において必ずドアを閉めるように子供達を仕付けておきましょう。ゆとり教育のように、マッハシステム育ちとして非難されぬよう心せねばなりません。

③  トイレの小窓は不要となった!

 住宅設計において、トイレの第3種換気及び、小窓は過去設計のセオリーでは、外壁に接する場所に配置されるのが常識というものでした。
 お客様によっては、マンションやアパートで小窓のないトイレを経験された方から、小窓のない位置にトイレを希望される方が稀におられたことでしょう。但し、第3種換気を利用した場合です。この場合一気に臭気を室外に運ぶ為に強力なファンを用います。
 マッハシステムでは、第一種換気ですので、排気口をトイレに設置すれば機種にもよりますが、一般的なパナソニックのパッケージタイプの第1種熱交換気扇で3箇所から排気の場合、1箇所当り40㎥/hの排気となり、トイレ気積が5㎥のとき1時間当り8回換気となりますので、においの問題はなさそうです。
 プランの自由度が高まります。
 トイレは、建物の真中でもOKということになります。

④  網戸はいらない?!

 マッハシステムでは、基本的に窓は閉め切っていても換気が計画的に行われる、全館計画換気の第1種熱交換気の場合、窓は開けなくても良いことになります。
 1棟当り15万円程は網戸を使用しますが、場合によっては部分的に、網戸をはずされても生活に支障はないことになります。

⑤  窓もフィックスで良い?!

 引き違い窓など通気目的に開口を必要とする場合以外、場合によっては閉め切りで、採光のみのFixでも窓は良いことになります。


全館空調元年

アイ・ホームの全館空調(マッハシステム)への関心は、日増しに高まっているようです。
家造りの基準の№1が温熱環境になりつつあるのではないでしょうか。
お客様方の反応に大きな手応えを感じています。
これまでの、各部屋にエアコンを設置するスタイルは、ここ数年で姿を消しそうな勢いとなっています。
それでは、現在出揃っている全館空調について分析してみましょう。
blog00_01

それでは、温度差と風量の関係をデータで検証してみましょう。

blog_01

風量が多ければ、例え暖房温度が低くても、室内が広く温まることを示している。

blog_0202

全館空調の最大メリットは、全室快適空間である事。室温にムラがあっては困ります。アイ・ホームのマッハシステムが快適であることを目に見えるデータでお示ししています。

建物は熱のバッテリー

 アイ・ホームの住宅は高断熱、高気密の建物です。ですから、寒い冬も室内の熱が少しずつしか外へ出て行きません。
出ていった程、熱を補充すれば、全体の快適室温が保たれることになります。
ですから、エアコンの設定温度は低めでも、例えば22℃程度でも快適な室温が維持できることになります。この温度設定は建物の窓や、方位、表面積の大小により個別に差があるのですが、高鍋モデルハウスの場合は、この22℃の温度です。

手をかざすと、エアコンの風は熱くない

 風量が強いと、涼しく感じることは体験的に知られています。
22℃に設定されたエアコンから吹き出す風は、風量があると、少し涼しく感じる程ですが、これで充分に室内が23℃に保たれています。
当然、床も23℃です。但し合板の場合平滑な床板に、足の裏がピタリと接着することとなり、少し冷たく感じられます。杉のムク材では空気を含んで凹凸のある表面に足が触れると同じ23℃でも温かく感じるのです。杉のムク床だと空気を含んだ材なので、冷たさは感じられません。一般的な住宅では玄関の扉の開閉が少ないので、冬の外気、冷たい空気の流入が殆ど無いので、夜間に温められた床の表面温度が維持され、合板の床も杉の床板も温かく感じることになります。
但し、住宅展示場では、朝の開場時は夜間の暖気で温められた床は温かいのですが、来客の度に冬の冷気が玄関から流入し、冷気は重たいので床面に添って滑るように広がって床の表面を冷やすことになります。よって、合板の表面が冷やされて、足裏センサーが冷たく感じるのです。一般的なお住まいではご心配は不要です。
床暖房だと、35℃~42℃となり、お湯に浸かった感じとなります。短時間であれば快適なのですが、長時間となると、足裏に汗をかいて不快です。

大量の熱を建物から室内へ、空気から建物へ

 大風量により運ばれた熱で、建物や設備機器や家具までが同一温度に維持されているのがアイ・ホームの建物です。少ないエネルギーで暖房し、大量の風で、室内に熱を分配する。マッハシステムは全館空調を省エネで実現する唯一無二の工法だと言われる所以です。


高鍋モデルハウスグランドオープン

①

たくさんのご来場有難うございました。

②

ワインクーラーには、リンゴが入ってました。

③

グリーンが入りました。

④

緑効果はやっぱり癒しです。

⑤

昼間です。


新年のご挨拶

2019 1 goannai_02


快適な1日が100年続く家づくり

来年1月3日グランドオープン

0V2A3429

隣は「小丸新茶屋」さんです。

0V2A3450

外構工事もあと数日で完了。

0V2A3441

全景が俯瞰できる珍しいモデルです。

0V2A3456

トライブリッド充電器。太陽光を車に充電。

0V2A3446

これからのお客様が電気自動車の方は無料で充電可能です。

0V2A3433

看板の準備もしています。


高鍋モデルハウスプレオープン

プレ①

まだ庭が出来ていません。

プレ②食卓から南面リビングを見る。

プレ③

プレオープンご来場有難うございました。

プレ④

キッチンの背面

バッテリーや庭はこれからです。


川南町完成展示会レポート

川南①

エネルギーは自給しています。

川南②

展示会はクリスマスモード

川南③

ご来場有難うございました。

川南④

キッチンと食卓テーブル

川南⑤

駐車場のご協力ありがとうございました。

川南⑥

キッチンの横のこれが好評でした。
子供さんのしつけに良いとか。


高鍋モデル11月8日現在

1108 ①

デザインウォールで全くのオリジナル。
木材は、完全注入による防腐、防蟻処理済です。

1108②

デッキが付くとスケールが出ます。

1108③

1108④

窓まわりも変わります。

1108⑤

寝室の天井です。

1108 ⑥

吹抜天井にもウッド。


高鍋モデル外観、これからが楽しみです。

外観1

外壁に木の化粧。

外観2

内壁にもこれからです。
デッキがつくとスケールアップします。

外観3

窓まわりに木の化粧が入ります。


月別社長ブログ一覧

12345...1020...

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623