アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別社長ブログ一覧

2月16・17日 日向財光寺完成邸レポート

hiyuu1遠くまで見渡せるリビングです。

hyuu2

和室の畳、ブルーの縁が爽やかです。

hyuu3

キッチンも明るい。

hyuu4

リビングから和室を見る。

hyuu5

2階バルコニーから遠景。

hyuu6

素晴らしい青空でした。

hyuu7

家からの眺め思わず見てしまいます。
ご来場有難うございました。

2月9,10,11日開催 木城町リフォーム展示会リポート

1新築以上のインパクトだったようです。
住み継ぐ喜びを新しい時代にリフォームしました。

2

ストリップ階段は昔無かったですね。

3

伝統の和風外観

4

外は梅の花が…もう春ですね。

5

床柱はそのままに、新しく

6

広々とした室内

7

キッチンもオール電化へ

◎断熱改修及び断震リフォームを行ないました。

ハウスダスト激減、お掃除ラクラク生活

 目に見えにくいハウスダストは、一般家庭の年間平均値として、1gの埃の中にダニが2000匹、カビが約3万個、細菌が800万個検出されたという調査結果があります。
 アレルギーの発症原因となるハウスダストを減らし、ご家族、別けても、幼い子供達の健康を守るためにも私達アイ・ホームの全館空気浄化システムの家造り技術がお役立ち出来ます。
ハウスダストとは

屋外からの空気を浄化して利用

 ハウスダストの1/3近くが屋外から室内に入っていると言われています。
 アイ・ホームの住まいでは、窓からの通風換気ではなく、第一種熱交換気扇を用いて計画換気を行なっています。一般的には一棟につき1台、又は2台の第一種熱交換気扇を用いて、1時間当り120~240㎥の新鮮空気を室内に取り入れています。
 この時高性能フィルターを用いて取り入れる空気を浄化した上で室内に流し入れていますので、外気を汚すPM2.5等の粉塵物質は97%程度取り除かれた空気を換気に利用していることになります。
 第二種(室内空気を機械的に給気して、排気は自然排気)、又は第三種(室内空気を機械的に排気して給気口は自然給気)のいずれとも異なる、正に安定した計画給気、計画排気が、第一種換気とされています。

室内の空気浄化

 さて、アイ・ホームのマッハシステムは外気導入後の空気を、冷暖房処理した後、全館にダクトで送風しています。
 この時、各室内に送風された空気は、一部(トイレ、シューズクローク、洗面所)からは、24時間約120~240㎥の計画排気を行っている為、室内の気圧は少しだけ排気圧を低くしてありますのでプラス圧となるように設計されている。よって隙間等からの空気の流入を抑える仕組みとなっています。埃も入って来ないことになります。
 更に、冷暖房処理の為に、空気を空調室内に24時間還流させる構造となっており、流量は1時間当り1300~2600㎥の大風量です。よって絶えず室内の空気が循環利用されることになります。尚、この時同時に新鮮空気120~240㎥が混合されています。この結果この環流する空気の室内取り入れ口に、電気集塵器を設置すれば大変効率的な空気の清浄化が図られることになるのです。

 データは次の通りです。

でーた

モーニングアタックとは

 人は寝ている間は、部屋の空気が動かないのでハウスダストは朝までに床に落ち、たまった状態となります。
 朝、人が動き始めると、空気が動きハウスダストが舞い初め、これを吸い込んだ人が、寝起きにくしゃみをしてしまいます。これをモーニングアタックと言います。

モーニングアタックのない暮らし

 とにかく、アイ・ホームのマッハシステムは人が寝ている間も、室内の空気を動かし続けながら、強力な集塵器で空気を浄化し続けます。ちなみに、早朝の1㎥中の粉塵量は200個だったという驚くべきデータも出ています。結果として、ハウスダストが激減し、お掃除もラクラクであるとのご報告を多くの利用者の方から頂戴しているところです。因みに、高鍋モデルハウスの外気には1㎥中に10,000個以上の粉塵が舞っているとのこと。

驚異の実証実験生活 (カビなしバスルーム生活)

 アイ・ホームのお客様方にカビなし浴室新生活のご提案をさせて戴きましたが、今回は、驚異の実証実験生活を送られている方からのご報告です。
 その方は、ユニットバスの維持管理で、浴室の天井と、壁の高さ1.5m以上の部分には手を付けず、そのままで使用して来たとのこと。但し床面と高さ1.5メートルまでは使用時に清掃、拭き取りは行っているとのこと。なんと3年間。
 結果として、3年間で黒カビ、赤カビの発生は認められないとのこと。見学を希望される方はあらかじめアイ・ホームの田村までご一報下さい。但し現場は少し遠方になりますので要注意です。

アイ・ホームのマッハシステムでカビなし浴室新生活 (室内洗濯物乾燥室がついて来る)

 マッハシステムでカビなし浴室生活を実現しましょう。
 年末になると、大掃除の番組が人気です。特に、浴室の掃除では黒カビ、赤カビをどのように取り除くか、蘊蓄のある説明、実演と盛り上がり、今年も平和に暮れてゆくなーなどと、年末テレビ定番の風物詩となっています。
 さて、アイ・ホームのマッハシステムの家では、バスルームが朝起きてみるとピカピカのカラッカラになっている、正に夢のような清潔生活が出来るのです。

ピカピカ、カラッカラの秘密

 或るお客様からのご報告です。
 アイ・ホームからお引渡しを受けて初めての冬をお過ごしなのですが、どのような浴室利用なのでしょうか。
 「冬は寒いので浴室換気はしないで、入浴。最後の人は、お湯を抜き、浴室を拭き上げて浴室側の扉は開けて、洗面室の入口は閉めて出る」とのこと。浴室換気扇はストップしたままです。
 そうすると、ピッカピッカのカラッカラ。

マッハ工法の功能原理から

 アイ・ホームの家は高断熱、高気密の家です。特に、高気密(C値0.1~0.5程度)です。浴室換気扇を作動させると、室内が負圧になるので、浴室の小窓を少し開けて戴くことでスムーズな排気が可能となります。小窓を開けずに排気を続けると、ファンの音だけして、排気がスムーズにゆかない状態となります。又、冬の外気は冷たいので、入浴時の室内温度が低下してしまいます。ですから、ヒートショックを防ぐ為にも実のところ、換気をせず入浴する方が理に適っています。
 浴槽のお湯の水蒸気は室内に充満しますが、浴室の壁や天井は、マッハシステムによって22℃~25℃と温められており、結露の条件を満たしていませんので、お湯がかからない限りに乾いています。
 しかし入浴するとお湯40℃からの水蒸気が人の体表面からも多くの蒸気が空気中に放散される為、湿度が90%以上となり壁表面に結露が発生します。ウッスラとではありますが、水分は取り除かねばカビの原因になってしまいます。拭き取るか乾燥させる必要があるようです。
 さて、入浴後出入口を開放することで、洗面所の室内と空間が連続してしまいます。この2部屋の気積が20㎥~30㎥に対し送風設定「L」のとき換気量100㎥/hの空調室からの給気が連続的に行なわれると、1時間当り3~4回の換気が行われることになります。更に第1種熱交換器の排気口がここに設置されておれば、1時間当り40㎥~50㎥の排気がこの場所で行われることになります。排気だけ考えても1時間に1回以上の換気が出来ていることになります。尚、送風設定は「M」で200㎥/h、「H」で300㎥/hとなります。風量を高める程良く乾きます。

室内洗濯物乾燥室として長期利用の場合

 乾燥室と位置づけることを考えると、洗面室に2本の給気口を設け、送風を「M」設定すれば1時間当り400㎥の風量となります。1時間当り10.3回の高速換気となり確実な洗濯物専用乾燥室が出来上がります。給気口1箇所でも送風設定「H」で300㎥の風量は確保できますが、ファンの耐久性の面から「M」の200㎥までの利用が良いかと思います。よって2台で400㎥がベターです。
 ということで、これだけの換気が連続的に行なわれることで、浴室はカラッカラに乾きます。調温と除湿がマッハシステムで浴室と洗面所を温かくカラッカラにしてくれることになるのです。
 一方3種換気だと大風量でも、外気が排気量と同じだけ、冷気で浴室に入ることになり、浴室の気温は急降下、相対温度は急上昇となり浴室壁に結露してしまいます。ここにカビがついてくることになるようです。

ピッカピカは何故

お風呂
 これは、入浴最後の方の清浄力の賜、皮脂、髪の毛等をきれいに取り除き、熱湯で洗浄し、拭き上げて戴かなければ実現致しません。結論ではありますが、浴室のカラッカラは、マッハシステムで簡単に実現できます。
 ピッカピッカは奥様ご主人など皆様の努力次第と言う事でしょうか。

月別社長ブログ一覧

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623