アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

ローコストの決め手はマッハシステム②

マッハシステムの全館空調は建物を天井裏から床下まで、加えて室内の全ての空気を循環換気する方式で、温湿度も調整していますが、同時に循環路に多くのフィルターを設置し、浄化する働きをもたせています。

更に、電気集塵機を組み合わせることで、空気は浄化レベルをPM2.5やウイルスまで除去できることになります。

湿気を吸着する埃の集積を防ぎ、カビや、このカビを栄養源とするダニ等の発生を防ぎます。

 

高温多湿時には、再熱ドライ方式のエアコンの除湿で、又冬場の暖房時の加湿は気化式加湿器を併用することで、年間通じて、湿度を40~60%以内でコントロールできるのがマッハシステムの特徴です。

木材の腐朽菌もシャットアウトできる環境を作り出せるのがマッハシステムと言えます。高温多湿、低温多湿とは無縁です。

 

木造住宅の長期耐久性を保証するためには、構造材の含水率を一定の水準で維持し、腐朽菌の活動を阻害できるものでなければなりません。木は木材の含水率が25~150%にあると、腐朽すると言われています。

アイ・ホームの使用するJウッド工法の含水率は、8~10%の乾燥材であるため、元々腐朽菌が付かない状態です。「性能」と「資産価値」を守るアイ・ホームのマッハシステム、Jウッド工法は理に叶った工法と言えましょう。

 

以前、24時間換気できるレンジフードからの換気を特長とするメーカーが、工事途中のアイ・ホームの現場を継続観察してデータ収集していたことがありました。メーカーのシナリオでは、梅雨時の建築現場で床下に発生した黴が、完成後レンジフードの24時間換気の稼働で消失するというものでした。

ところが、その家はマッハシステムでしたので、元々24時間連続稼働の第一種熱交換換気扇を採用していました。アイ・ホームのマッハシステムの運用と同時にこの熱交換気扇の稼働が始まると、たちまち床下の黴は消失しており、北西側の床下から広がっていた床下の黴は見事に消失していたのでした。

マッハシステムは換気と同時に除湿、調温した空気を床下に送風していますので、単なる換気以上の抜群の黴対策となっていたのでした。

 

床下から、マッハシステムの稼働で見事に黴が駆逐された事例です。

床下の湿気のチェックは、家の健康状態を知るポイントです。

マッハ工法で建築された家の長期耐久性はこれから時を経るごとに証明されることでしょう。

ローコストの決め手はマッハシステム①

ヨーロッパ各国の住宅寿命は、軒並100年前後であるのに、日本は何故30年なのでしょうか。

法隆寺は1300年以上前に建てられており、木造でも1000年は役割を果たせることから柱に用いられたヒノキの耐久性が注目されています。伐採後200年後にヒノキは強度が最強となり、1000年前後でも伐採当時の強度を保っているとのこと。

鉄筋コンクリートの耐久性もせいぜい30年~40年、よくもって50年と言われています。コンクリートにも品質に大きな差があるようです。

木材は一定の条件下であれば100年程度の耐久性は問題なく保持できています。古民家など200年~150年は枚拳にいとまがありません。

 

使用されない住宅と、人が使い続けた住宅は、使用されていない住宅の方が、はるかに劣化が早い。

それは使用されない密閉された住宅の室内は換気がされず、床下からの湿気や、隙間からの外気の侵入で次第に室内に湿気が溜まってしまうからです。

 

室内の埃は、室内の湿気を吸って、カビを生み、木材も湿気を吸って、腐朽菌が活動を活発化してしまいます。こうした環境は、木材の大敵、白アリが大好きで家に取りつかれたが最後、住宅は崩壊に向かうシナリオとなります。

 

マッハシステムの家は、高断熱高気密が基本性能として求められています。更に、居室、床下、小屋裏の空間の全てが調温・調湿され温度差が極めて小さく、1℃~3℃以内で絶えず換気されています。

一般的な全館空調では、床下、天井裏空間の温度差は5~6℃は良い方で、中には天井断熱と床断熱で室内とは分離して居住空間のみを対象とする温湿度をコントロールするタイプもありますが、これだと夏場は冷房対象からはずされた天井裏は60℃近くまで上昇し、冬場は床下換気口から風の抜ける床下が0℃以下になることも多く、外気の温湿度の影響をもろに受けることになり、木材の劣化が加速されます。

 

天井裏から床下まで、もちろん室内の空気を全てコントロール。調温調湿していますので、構造材への湿気の影響を防ぎますし、空気の浄化もされていますので、木材への埃の付着や、吸湿によるカビの発生を抑制でき、木の腐朽を防ぎます。マッハシステムは空気環境を温度25℃前後、湿度50%前後にコントロールしています。人にも家にも優しい工法といえます。

 

 

子ども食堂の現実

宮崎県児湯郡新富町に小見山真理子さんが運営する「みんなの居場所こぶたのおうち」というところがあります。

これまで5年程の活動を経て、今、毎週金曜日に子ども食堂を運営されています。こちらの施設から、建物の老朽化が激しく、一度見てほしいとのことでした。お伺いしてご協力することとしたのですが、いつかもっと良い場所が見つかるといいなと思いました。

これまで「子ども食堂」についてそれ程知る機会がなかったので少し調べて見ました。

県内にある全てといっていい程、子ども食堂は一般的に週に1回程度の運営で毎日ではないこと。利用者はなかなか来て下さらないので、気軽に訪れやすい「誰」でも歓迎のスタンスで楽しい時間をつくれる場所として運営されているようでした。

保育園の先生をしていた人から耳にした、子ども達の様子から、こうした活動が意義ある活動であることを少しは気付かされていたのですが、具体的な行動を起こされた小見山さんや宮崎県内の多くの子ども食堂運営者の皆様にエールを送らせて頂きたいと思いました。

少しでもお役立ちをできればと遅ればせながら行動を起こしたことをご報告させて頂きました。

庭にカボチャの芽が!!

植えてもいないのに庭にたくさんのカボチャの芽が生えて、これをちゃんと植え直したところ、順調に生育しています。

高鍋の古屋には畑があり、カボチャを植えていました。この種を佐土原の自宅の庭に捨てたところ芽吹いたようです。

この夏、高鍋のカボチャは大豊作で何人かにお裾分けしたところ、喜ばれたことから、今年の霜が降るまでに収穫できると良いのですが。

冬の床暖房は過去のスーパースター

 

冬の快適を実現するする為に、床をお湯で温める床暖房は、寒さを感じるセンサーのある足裏から寒さを取り除くことで、ダイレクトな幸せを与えてくれる技術として、贅沢の極みとも言えるものでした。

昨今は、家づくりの前提である断熱性能が格段に上昇し、床暖房のあり方が改めて問われる事態となっています。

これは床という断熱性能の高い物質の下からお湯で温める方式なので、熱が伝わりにくい。

ある論文では、室温9℃の部屋を22℃まで温めたケースでは。

エアコンだけの場合  35分

床暖房     2時間10分

パナソニックのデータで8畳の部屋で毎日8時間使用した1月の電気代がヒートポンプ式床暖房でも、4700円かかるとのこと。

エアコンを8時間毎日利用した場合3300円だったという比較データがあります。

イニシャルコストである設備費用が以下のようになる。

 

6~10畳の場合

エアコン    6万円~10万円

床暖房/電気式 30万円~40万円

床暖房/温水式 50万円~60万円

一般的に床暖房の家では、エアコンを夏対策で導入するので二重の出費となる。

床暖房(不凍液の交換メンテ) 5万円

床暖房点検          5000円

床暖房(熱源機)   20万円~30万円

赤ちゃんや老人が床に直接触れた状態だと、温水式床暖房で出湯部に近い所は高温となりますので、低温やけどや脱水症状になる危険があります。

最低でも3センチ以上の厚みのあるカーペットやラグを用いてその上に寝かせるのであれば安心です。

 

床暖の場合、風は用いない輻射熱タイプですが,

アイ・ホームのマッハシステムのように空気中のPM2.5やウィルスまで除去する電気集塵器を用いて浄化する本機能は持ち合わせていない。

 

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623