アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別社長ブログ一覧

アイ・ホームの中古住宅

自宅に帰って、ゆっくりしていると、TEL。
「社長ブログのネタがありました」
とのこと。
営業社員の報告によると、市内の某不動産屋さんから、
「お客様から、アイ・ホームの中古住宅が出たら教えて下さい」
とのこと。
「永いこと不動産をして来たが、初めてのことだ」
と云われたとのこと。
「これって、すごくないですか」
との報告でした。
誠に有難い話でした。
ところで、「住まい」はお引渡してから、更に魅力的に価値を高めることが出来るものです。
例えば、外構と言われる駐車場や庭。少しづつ手を入れて、年々素敵になってゆく楽しみを持たれている方のお住まいは、道を歩いているだけでも目に止まるものです。
南側、東西の掃き出し窓のデッキや、日除け、雨除けを兼ねた廂(ひさし)などです。
「見る庭、遊ぶ庭」
楽しい時間を連想できる外構は、「住まいの価値」を高めます。

 

niwa

仕事体験講座に参加

宮崎市大淀中学校でキャリア教育講座がありました。
50分程度、2回私共の仕事の紹介を「住まいの役割」というテーマで生徒さん達にお話しをさせて戴きました。
住まいは、暑さ寒さから私達を守ってくれますが、台風や地震に備えて、建て方や、立地にも注意しなければ、大切な家族の命を守れなくなることなどお話しさせて戴きました。

担当 田村寛治

1
2
3

住まう程に美しく

 ご入居中のお客様の住まい。
 新築時よりも表情豊かに、美しく住みこなしておられます。
 現在計画中のお客様方に特別に公開して戴きました。
 誠に有難うございました。土曜日当日は湿度100%で外気温も30℃でしたが、室内はさわやか。快適温度でした。
 「何故アイ・ホームで建てられましたか?」
 「快適温湿度、マッハシステムが素晴らしかったから」
 有難うございました。
1
2
3

昨夜は「暑かったね」?

 職場の同僚との会話についていけないとのこと。
 マッハシステムをご採用家族の感想です。
 年間を通してマッハシステムの快適は、7月の蒸し暑い季節の昨今が一番良くわかります。これ程の快適を体感されると、もう元の住まいには戻れなくなってしまします。
 宮崎市新別府にオープンのモデルハウスは土・日・祭日展示しております。ぜひ体感してみてください。
 洗面所の床下点検口を開いて床下を覗いてみてください。涼風がサーッと吹き上げて来ます。家中をこの風が循環しながら、換気も同時に行われています。むろん、汚染された使用済の室内空気は、トイレや、洗面所から吸い上げられ空気は排気されています。
新別府

マッハシステムの寝室は外気並にCO2が低い!

第3種
第3種換気の仕組み
 第3種換気は排気を機械で行い、給気は壁面の吸気口から行います。上の図表のようにリビングの換気は行われますが、寝室のCO2は3000PPMを越えています。シックハウス対策にもCO2の排出もできていない実態を示しています。

第1種
第1種換気の仕組み
 第1種換気でもCO2の十分な排出はできていません。我が国の換気がシックハウス対策では十分でも、住宅全体を考えた換気対策になっていないことを示す結果になっています。

マッハシステム
マッハシステムのしくみ
 「マッハシステム」は第3種換気でも、第1種換気でも出来なかった寝室のCO2の排出をスムーズに行います。DCファンの働きでCO2を排出するのに十分な換気風量が流れ、第1種換気の排気に負荷が掛からずCO2や汚れた空気をスムーズに排出しています。

 

 

 

 

 

 

以上、FHアライアンスのマッハシステムマンガ編より抜粋。

 一般的には、長時間室内に滞在する就寝時、室内のCO2濃度が最も高くなる様子が、先のデータで観察できます。
 望ましいCO2濃度が1000PPMなのに、3000PPMにも汚染されたCO2濃度の中で寝ていることになるのです。なんと基準の3倍です。

3000PPM対600PPMの差

 ご覧のように、マッハシステムにお住まいの方の室内は、空間的には、ダクト換気によって、全室がつながっており、「室内の空気」を大きな空間として共有する状態と言えましょう。
 小さな一部屋の換気不良な空間ではCO2濃度は、寝ている内にどんどん上昇してしまいます。
 マッハシステムは、温度調整機能で空気を入れ替える方式(少風量・大温度差空調)ではありません。快適温湿度に近い空気を高速で部屋全体に送り込み入れ替える方式(大風量・小温度差空調)ですから、CO2濃度は家全体に均一に存在することになるのです。外気に近い600PPM程度のCO2濃度の空間で毎日、24時間どの部屋に居てもお過ごし戴けることになるのです。

参考資料
i12_8
i12_9
i12_10
i12_101
i12_12

月別社長ブログ一覧

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623