アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

もったいなくない建て替え

 2000年以前に建てられた家で耐震改修をする時、問題となるのが低すぎる基礎の安全性能です。

 木造住宅の家づくりを担って来た、私共建築工事業の人々は、必ずしも科学的な知識をもっていません。耐震設計と言われる設計上の裏付けがないまま建てられて来た家が大半となっています。

 基礎工事は、上物の建物を合理的に支える構造計算に基づき施工されねばなりません。それでも後からの補強でも「設計性能表示」は利用可能です。安心の裏付けのなかった昔の建物でも公的な証明の付く「設計性能表示」で安心です。しかし、これが出来る会社は、ほとんど有りません。

アイ・ホームには、それが可能となる人材、人財がいます。

 2度目の家づくりの背景には、住む人の家族構成も変わっています。夫婦の老後を断熱性の高い、マッハシステム工法利用の全館空調などで快適に暮せる住まいにしてはいかがでしょうか。

「生活感」と言われるステージチェンジが可能です。「年中家中快適温湿度」の家に暮せるメリットはある意味、「生活感」の革命です。

加えてヒートショックや冷暖房費用の削減が可能であれば、老後の経済的費用負担が軽減可能です。

 一度マッハシステム工法の家に住んでしまうと、快適すぎるから昔の暮しには戻れないのです。

夏、扇風機や打水をして涼を楽しんでいた人もエアコンの冷房の方が快適なことは直に理解されることでしょう。

 暑さ寒さから体を守ってくれるマッハシステム効果による体の負担の軽減は、いつの間にか血圧の改善効果などの健康増進効果をもたらしてくれます。建て替メリットは、老後を元気に暮らせる健康サプリ効果とも言えるかもしれません。

健康にも自信のなくなる老後、私達の暮しが年中快適温湿度に守られており、バリアフリーで車イスでも利用可能な設計がしてあれば、健康サプリより有効な今後の備えとなります。この頃年金の問題から、老後の必要「金額」ばかりが強調されていますが、健康で快適な住環境が何より大切だと思われます。

しかも、断熱性能のよいエネルギー消費の少ない家づくりを「二度目の家づくり」基準に加えられることをおすすめ致します。

湿度の調整が必要な季節です

 エアコンで暖房すると、室内が乾燥する傾向になります。皆さん加湿の必要性を感じられていることでしょう。

 パナソニックさんからこの湿度について、対策も含めて、役に立つ案内がありましたので、他の情報も含めてご案内致します。

湿度が高くても低くてもリスクがあります。

 ◎神様は人に最適温湿度で暮らすようにカビやウイルスと住み分けをさせておられます。

冬に最適室温は22~24℃

湿度は40~60%程度が最適ですが?

◎湿度のもとは水の粒子です。

粒子には熱がありますので、湿度が高い方が、人間の体表面に熱が伝わるということです。一方衣類は断熱性能が高く湿度による表面温度に差が出にくいようです。

湿度の高い方が人は暖かく過ごせます。

 

アイ・ホームでは気化式をオススメしています。

◎雑菌を放出しない。電気代が安い。

MRTのコマーシャルで5℃の温度差

 

 某メーカーさんがテレビで高断熱(ウレタン吹付)の施工によって、室内の温度が外気に比べて5℃高いと言われていました。

 

*尚、担当の方は「硬質ウレタン」を吹きつけると

言われてました。硬質ウレタンはパネル状のもので、

吹きつけるのは「発砲ウレタン」なのですが?*

 

次のデータをご覧下さい。

 

 アイ・ホームのマッハシステム採用住宅の10月26日の室温です。

外気が冷たくなった昨今、夜は暖房がほしい所ですが、マッハシステムでは、壁の断熱は元より窓がトリプルの樹脂サッシです。Ua値が0.36程度ですと、外気温15℃でエアコンの暖房なしで室温25℃前後は当り前。

*某メーカーの方はUa値は0.55とのことでした。

Ua値は数字が小さい程性能が良くなります。*

OB施主の物差しが変わるとき

 「年中、家中、快適温湿度」を一年でも体験されたマッハシステムOBのお客様方が、仮にもう一度家を建てる時、大切にされる家づくり基準についてお尋ねしたところ、一番にランクして頂いているのが「マッハシステム」なのです。

 多くの項目を差し置いて、快適で健康的な暮らしを実現する「マッハシステム」が一番とのことなのです。

 以前はデザインや住宅設備のレベルが家づくりでの判断材料で、一番になったり、使い勝手、坪単価なども同様に重要なポイントとなっていました。

マッハシステムにお住まいのOB施主の方々は、次回もし家をつくる時に、デザインが良くて、使い勝手も良く、坪単価が安くても、マッハシステムでなければ検討に値しないと言われているのです。

 一度、口にしたらミルキークインの新米から古米に戻れなくなります。口にしたミルキークインの「快」は、私達を虜にしてしまいます。

 マッハシステムの一年を通しての「快」は入居者(OB施主)を満足させているようです。

 このところ10月も末となれば、早朝は寒くなって来ました。

それでも、Ua値0.36のアイ・ホームのマッハシステム仕様の家造りでは、エアコンなしで朝9℃の外気温でも室内は24℃なのです。

この室温が24℃に保たれている現実をどう理解すべきか?と、問われる方に、建物の内部を床下から天井裏まで断えず循環する空気で建物の躯体そのものに熱が蓄えられており、その熱が放出されることで、室温の変化が抑制されていることをデータでご覧頂きたく、以下

と、いうことです。

エアコンの電気代は

0円です。

パンフレットは抗菌仕様

 新パンフレットの表紙は「抗菌仕様」になっています。

このところのコロナ対策として何か出来ないかとの思いから、印刷屋さんのアドバイスで採用させて戴きました。

 地球温暖化によって、様々な問題が起きているようです。コロナのようなウィルスが人間の免疫システムを永い時間をかけてつくり上げて来たようですが、ツンドラの凍土が溶け出して、これまで人類が遭遇したことのない危険なウィルスが出現して来ているとのこと。

経験したことのないリスクが未知のウィルスから人類に災厄を引き起こすとしたらと、現代の科学技術をもってしても対処できず、人類の生存に大きな脅威だとのこと。

 

 人は生存するために、1日に約15,000リットルの空気を吸っているとのこと。

1日のうち、半分以上を過ごす室内の空気が汚れていると、人の生存、すなわち健康に大きな影響を与えてしまいます。

 アイ・ホームのマッハシステムでは、室内空気の換気経路の中で常時空気中のPM2.5や雑菌、ウィルスを除去する電気集塵機を設置できます。ウィルスサイズまで除去できますので、先の危険なツンドラ生まれの未知のウィルスにも有効です。費用は、取付費と機器代で16万~18万円程度となっています。1台利用の場合ですが、理想は2台設置となっています。フィルターは金属パネルですので、年に一度のお湯で洗浄でOKです。

尚、消費エネルギーはフィルター金属パネルに滞電させるだけの電気料金で済みます。空気はDCファンで送風(換気兼用)していますので、一般の空気清浄機のように専用の空気搬送用エネルギーは不用で、きわめて経済的です。一般の空気清浄機の4分の1程度の電気代で済むことも申し添えます。

 

ご依頼があれば代行(有料10,000円)にして洗浄致します。

月別ブログ一覧

過去の投稿はこちらから 家づくりblog毎日更新中!! おもしろいからぜひ読んでみてね