アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

アイ・ホームが逆転

ウッドショックで木材価格が大幅に値上がりした。

これまで高品質(強度・耐久性・耐蟻性)で集成材よりも優れていたが、価格面では高額だったアイ・ホームの使用するウッドワンの「Jウッド」が、今や総体的に安くなっている。

国産材やカナダ、米国輸入材の値上がりはすさまじく、今後1年以上高値安定となりそうです。

ウッドショックでローコスト住宅がいつの間にか高コスト住宅になっていました。1年前に較べると、30坪の家が150万円~240万円値上がりしたことになります。

ローコストメーカーの中では年間の取引価格を低価格に取り決めているので、大丈夫と言う所もいるそうですが、取引先のプレカット会社の土場には木材が一本も見当たらず、高額で購入してくれる会社に品物は流れているようです。

この頃、青島に簡易宿泊施設として3棟のご契約をいただきました。

この3棟は宮崎県産材の良さを広くアピールする為の補助金を利用して建設されますが、この補助金がなければ,Jウッドで建築した場合より、一般材の県産杉で見積りした場合の方が高額となってしまう程、ウッドショックは大きかったのです。

Jウッドでは、日本の企業がニュージーランドに植林、育林した上で計画的に伐採、出荷する製品です。

日本国から国産材として認定されている製品は一貫生産品であり、自己完結する日本国内向けの木材です。

コンテナや運賃の値上がりはどうしても避けられませんが、木材価格が高騰したからといって便乗値上げをせず、従来の顧客に変わらぬ供給を約束してくれるウッドワンのお陰で皆様に価額の大きな負担増はありません。

先頃、ニュージーランドが、たった1人のコロナ患者でロックダウンになりましたが、長引けば品不足となることもあります。

構造材以外の木材ですが、こちらは値上がりしていますので、既にご契約のお客様には価格はそのまま、今後のお客様方のご負担が少しだけアップしてしまいます。

Jウッドは強度では集成材、ムク材と比較して2倍~1.5倍程度の強度が大きい。

更に耐久性では、防腐処理されたEX材は接着面の強度が300年との研究報告があります。

又、防蟻性能はアイ・ホームのターミダンシート工法と組み合わせで20年保証でご提供できるJウッド工法となっております。

今後供、家という資産価値を守るアイ・ホームのJウッド工法をよろしくお願い申し上げます。

幸せに気づくとき

事務所に来客があると「ワアー」という声を上げて人が入ってくる。外は燃えるように暑いが、事務所内は、実に快適なのである。

マッハシステムの冷房は、キンキンに冷やすのではなく、高原の涼しさなので、暑い戸外から、ドア一枚で、爽やかな空間に身を置くことになる。そこまでは、あたり前の冷房効果。一日中事務所内で仕事をした人が、昼食時に、一斉に外に出てゆく時、「ワアー」と言いながらでてゆく。天と地の差があるとはこのことである。

幸せは、その只中にある人には気付かれないものである。それどころか、特別に暑い日に、マッハ空調の効果がギリギリになった時「少し暑いようだ」と不快な思いに駆られることになる。

住宅においても、こうした限界状態を解消する為、サブエアコンをおすすめするようにしています。

炎暑の日や極寒の日、このサブエアコンを稼働されますと、メインエアコンと同時使用により冷・暖房効果はしっかり担保されることになります。

更に良いことは、2台をゆっくり稼働させることで、消費電力料金も削減することが可能となるのです。

加えて、メインエアコンが故障した折には、サブエアコンが冷・暖房効果を代替してくれることとなり、お客様にとって、実用的なご提案となります。加えてアイ・ホームも緊急事態に少しゆとりが戴けるように思われます。

空調といえば、部屋ごとの個別空調を想像される方が多いことかと思いますが、マッハ空調は全館空調ですので、エアコンは、一般的に一台で済みます。

更に、家自体の断熱性能がこれまでのものとは段違いに高性能になっています。このような家造りの基本が変化することにより先のような事態が生まれて来るのです。

ちなみに、マッハシステムによる全館空調では、年間の冷暖房費が3万円程度、エアコン代のみですが、これも常識はずれですね。

新築住宅の8倍以上の中古取引

アメリカでは、中古住宅需要が年間600万戸と言われている。さらに、新築住宅の販売件数は50万戸が年間の供給戸数とされる。(国土交通省資料2018年)

これは、日本で供給されている新築住宅戸数の半分となる。

全体需要600万戸となるが、新築の占める%は10%にすぎないことになる。

先のデータはネットで調べたものですが、アメリカでは中古住宅が住宅需要の90~80%を賄っており、中古住宅は資産として立派に流通していることになります。

日本の中古住宅は20年経過すると、評価がゼロとして取引されることが多い。これは基本となる住宅の性能が低くすぎることや手入れをせず劣化したら建て替えてしまう利用が多く、統計によると日本の住宅の平均の利用年数が世界的にも極端に短い30年です。

アメリカでは55年、イギリスでは77年となっています。

 

今日でもローコスト住宅が市場で着工戸数をリードしていますが、2次流通時には、まず建物価格は評価されず、資産として後日の暮しを支えてくれることは期待できません。

資産価値を維持するには、日頃よりメンテナンスにも気をつかい定期的な投資が必要とも言えましょう。

 

私共アイ・ホームでは、「ベストバリューホーム」の発想で、品質の高い家づくりと確実なメンテサポートにより、お客様方の住まいの資産価値をお守り致します。

初めての家づくりをお考えの方に

いつかは新築の住まいをとお考えの方が陥りやすい常識について考えてみましょう。

様々な情報から抽出された価値観は常識と言われるもので、多くの人がきっとそうであろうと考えられる価値が常識と言われるもののようです。

耐震等級1あれば合格です。ちなみに熊本における地震では耐震等級1では大きな被害が出ています。建築基準法での建物の耐震基準は最低基準とのことです。この常識では安心できませんね。

地震保険は家の耐震等級により、異なります。ちなみにアイ・ホームの建築する住まいは、全て、耐震等級3以上で、火災保険は、様々な保険要因はありますが、大雑把とは言え半額以下となります。

基本的に火災保険料の50%までがカバー範囲です。全額ではないので、建物再建築用には足りません。もしもの時の生活再生の為の資金として利用することも可能となり、火災保険のように住宅ローン返済財源にしなくても良いところが特徴です。

但し、倒れなかったら、今まで通りの日常の暮らしが続きます。アイ・ホームの家づくりは、耐震等級3以上ですので、安心です。

それでも万一の備えにご利用をオススメしています。ちなみに地震保険の加入率は28.8%です。

常識は加入しない方なのでしょうか。常識は間違った常識もあるようですね?

2000年以前は家は耐震改修?

自治体や国から耐震改修の補助金が出ています。

一般的に耐震改修の費用は約150万円前後とのこと。

負担額として大金になりますが、過去の震災での死亡者の実に85%が圧死等の建物内での死亡とのこと。

国や自治体から100万から60万円~等の補助額が出ていますので、しっかり利用して御家族の安心な生活を守りたいものです。

全てがムリではありませんが、基礎の耐力が低いのが当時一般的でしたので、むやみに壁の耐力を増すと基礎が先に壊れます。

基礎まで耐震改修をすると費用が尽大となりますので、現実的な費用対効果を考慮するには専門的な知識を有する施工店、設計事務所のアドバイスが不可欠です。

 

月別社長ブログ一覧

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623