マッハ君(FUKUSHIMA)の報告から

マッハシステムのメンテナンスにつて

1年点検に工務担当、営業担当と同行し、マッハシステムの全ての部位の説明、メンテナンスの仕方を説明し、機器の洗浄をいたしました。

高齢の御夫婦の為、手入れの難しいところなど、後日、営業担当が再度訪問して清掃をお手伝いしますとのこと。

営業担当のS君、お客様もその日が来るのを楽しみにされているようでした。

マッハ君は?「来てもいいけど、来なくてもいいよ、S君は来てね」

・・・・「ア、ア、ア~ァ!!」

マッハシステムが変える食文化

前回の記事に関して、マッハシステムの家に住む住人から次のような感想が寄せられた。
 夏場好きだった「冷(ひ)や素麺」をマッハシステムの家に住む様になって食べなくなった。
 夏場西瓜や、カルピスなどの冷たい飲料を飲まなくなった。
「そう言えば!」 「いつの間にか」である。
年中、家中、常春の住環境下では、食文化は変化してゆくということだろうか。
 これからは、どんな食文化が生まれるのだろうか。
夏場に冬の鍋物だったり、冬場に「冷や素麺」は、やっぱり飛躍しすぎだろうか!
 全館空調がこれまでの住文化を大きく変えつつあります。マッハシステムの常春の家では冬場の夜具で言えば厚手の毛布や、肩カバー付き厚手の掛け布団など不要。室内で着ていた綿のパンパン入った、ねんねこなど、まったく不用となります。
 大相撲のチャンコ番みたいに、半裸でも暮らせる家がマッハシステムなのですが、これはあんまりですね。

マッハシステム欠点 「鍋物は寒い部屋で食うべし」

 山芋をすり下ろし、卵を割って加え、これを良く掻き混ぜる。柏肉で出しを取ったスープに豆腐や長ネギ、春菊を加えた中にスプーンで一かたまりづつこれを加えていく。黄みを帯びた山芋が団子状に鍋の中に増えてゆくのを見ると、幸せな気分になる。
 寒い冬にハフハフ言いながら食べる山芋汁は身も心も温かにしてくれる食べ物だ。
 だがこの度、マッハシステムの家で年中、家中快適空間で食べた山芋汁は味に変わりはなかったが、今一であった。
 食べることで、身体も温まり、汗が滲んでくるのは毎度のことではあるが、汗が玉となりそうな程、室内は「冬」ではない「春」なのでした。
 マッハシステムの先輩である廣石氏によると、年を重ねるごとに、慣れてくるとのこと。北海道の方が、暖かな部屋で冷たいアイスを食べる贅沢のように、暑い八月の季節、アツアツの鍋物を饗するのがマッハ流のもてなしとなる日が来るかも知れません。
 マッハシステムでは、おもてなしをする時、夏、涼しい中で鍋を食べよう⁉

新年に向けて

 

子育てママが大変な時、思い悩んで暮らしていたが、ふと気晴らしに高台の公園に行ってみた

 

見晴らしのいい公園からは自分達の暮らしている町が見えた

 

川も田畑も学校も見えた

 

足元にはクローバーが白い花を付けている

 

ママは、思いついて言った

「四葉のクローバーを見つけると、いいことあるんだって、幸せになれるんだって」

 

これを聞いていた5歳の女の子と3歳の男の子は

「ぜったい探すよ、ママにあげるよ」

 

「ボクも探すよ」

 

四葉というものは、そう簡単にはみつからないものである

 

「幸せ」はやっぱり私には遠いのかなと、ママが思っていると

 

「あった!ママ、四葉のクローバーだよ、四葉のクローバー」

 

「見せて」

 

娘の手に握られた、その四葉は一枚の葉を取り除いて、二枚になった2本のクローバーの葉を重ねてつくった四葉だった

 

「僕も見つけた!」

 

息子の小さな手にはご丁寧に2本の葉っぱの軸(じく)まで付いている

 

四葉のクローバーをつくった、天使が2人、ママの近くにいつも、いつまでも、いてほしいことに気付いた

 

ママなのでした

100年住宅に行って来ました (日之影町岩井川近く)

日之影中学の近くでした。

欅の一本柱に注目

大きな梁の和室20畳

仕口で組まれた柱と桁

家の腕庇(うでひさし)1.5m程出ています。

たくさんの縁者の方が、建物のこれからを心配されています。
材の活用、利用の道を捜していきたいと思っています。