アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

土地捜しの基本

土地の利用には「用途地域」といって、都市の環境保全や利便性の増進の為に、国が定めた利用区分があります。

 

都市計画法に基づき、建築できる建物の用途、容積率、建ぺい率などの建築制度を定めています。

 

土地の計画的利用は「用途地域」に定め、13種類で住居系8種、商業系2種、工業系3種類です。

 

13種類の用途地域のうち、住宅に関する8種類。

通学区域について

①新築をご計画方は、幼稚園や保育園との位置関係は気になるところです。

別けても小中学校高等学校等の公立学校を選択される方には「通学区域」が定められておりますので確認が必要となります。

 

②「調整区域」が定められている場合があります。

例えば、A校B校どちらでも良い場合です。

 

③諸事情による区域外通学も認められるようになっており、最終学年の転校を避けるなど、近年他にも多くの緩和措置が定められています。

 

都城蓑原完成邸展示会レポート NO.2

 

蓑原展示場には隣接の販売土地が3区画ありましたが、展示会開催中に2区画の検討申し込みを得ました。

 

①先住者の方から工事の音に対してクレーム・反感(一部妬み)等を向けられることが少ない。先住者も新築購入したばかりだから。

 

②ローコスト住宅分譲地にありがちな、入居者の意識のバラつきが少なく、一定の「良い家に住みたい」を選択された人々の集まりであること。所得レベルも一定の水準でなければ融資も付きにくく、入居者の生活水準も一定しており、社会的信用があればこその人々の集まりであると言えましょう。

 

③あらかじめ建っている家や、使用されている車等で、隣人のプロフィールが分かる。人付き合いの情報を得やすい。

 

④スタートが一緒ということで、子育てなどは友達を得やすい環境といえる。

親としても、子供中心でお互いに見守りの気遣いがはたらき子供や親にとって安心 安全な街となる。

 

⑤建てられた家は今後建て代わるまで年数がかかり、平屋が解体されいきなり2階建てが南側に出現するなどという事がない。

又、周辺が新築ということは見た目も清潔で、環境や美観も良いものとなる。

 

⑥水道や排水、境界の確定など、既に完了している。

 

⑴予算的に安く入手できる土地があったとしても、水道工事代が必要となり、遠い所から水道を引き込む費用がかさむことがある。

 

⑵排水の排出先が無く、出費がかさむ大工事や、排出の為の用地買収が必要となることもある。

 

⑶境界が確定しておらず、後々紛争の種となることもある。測量代が発生する。

 

⑷境界ブロックなど自前で負担しなければならない。

 

部屋干しニオイはゼロ

児童館での会話

先生、Hくんが、ボクの家はアイ・ホームだから、マッハで暖かな家だよ」と言った。

とのこと。

 

先生たちが「N先生はアイ・ホームでも、お仕事してるとよ」と話していたとのこと。

N先生は、アイ・ホームの高鍋モデルハウスで土・日、案内係をしてもらってる方で、この方からの報告でした。

児童館は働く、お父さん、お母さん達のために学校が終わってから、お子様方をおあずかりしているところです。

H君の家は、育牛の仕事をされており、毎日、牛のエサやりが終わったらお迎えに来られているそうです。

日暮れの早い冬は、児童館にも明かりが灯り、小さな電気ストーブにあたりながらの会話でした。

月別社長ブログ一覧

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623