アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

5月の風をデザインした延岡モデル

 延岡にモデルハウスがオープンしました。
 「5月の風」をデザインした家と言えば言いすぎでしょうか。
 とにかく一度ご覧下さい。こんな家で毎日が送れたら、マッハ空調で快適、デザイン力でさらに楽しく暮せます。

熱エネルギーは窓から入る

 窓から室内に入る熱量は、夏場、床・壁・天井・換気を合計した時よりも多い、実に70%程度にもなっています。
 壁の断熱性能は合計で8%程度しかなく、この壁の断熱性能を上げる為、断熱材の厚みを2倍にしても、たった4%程度の断熱性能アップにしかなりません。

ローコスト系の家はガラス温室

 アイ・ホームの家は、樹脂サッシで、Low-E三層硝子(トリプル)です。

 断熱性能は、
 アルミ複層ガラス    U=4.65  w/㎡k
 (ローコスト系)

 Low-E 三層      U=0.73 ~ U=1  w/㎡k
 (アル・ゴンガス)

 ※U値の定義
 壁の両側の空気温度に1度の差があるときに壁1㎡を通過する熱量、数値が大きい程断熱性能が悪く、小さい程断熱性能が良い。

sassi b2-1

① 壁の断熱性能を2倍にしても4%程度しか改善しない
➁窓の性能が悪いと、トリプルサッシの掃き出し窓がアイ・ホームの場合、幅2mで高さ2.2mだとすると、ローコスト系のアルミペアに換算すれば約5倍の窓がついているのと同じになります。

 家中の窓がアイ・ホームの標準タイプであれば、全てトリプルサッシということになりますので、ローコスト系の断熱性に劣る家の場合、この窓が5倍付いていることになります。 それだけ夏場熱が入りやすい家になっているということです。
 まるで、硝子温室ということになります。

5倍の


コメントは受け付けていません。

最近の家づくりブログ更新履歴

月別家づくりブログ一覧

毎月のご案内 ►