アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

常識が変わるとコントが生まれる №4

非常ベルの話

 アイ・ホームのモデルハウスにはセコムが設定されています。或る時、社員が鍵を開け、展示場に入場した後、セコムを解除しなかったところ、非常ベルが鳴り始めました。けたたましい警報音に慌てた社員は、狼狽し戸外に飛び出してしまいました。ところが戸を閉めて外に出ると、室内であれ程大きく聞こえた警報音が、小さくしか聞こえなかったとのこと。
 やがて駆け付けたセコムの担当者に「非常ベルは外に付けないと意味がない。他人に助けを呼べないではないか」と訴えたところ、「この家は特別です。」一般的な家では充分外に鳴り響く音量との事。「だからと言って、室外に非常ベルを設置するのはこのような密集地ではご近所迷惑というものです」との事でした。
 トリプルサッシで、分厚い断熱材に包まれたアイ・ホームの住まいならではのエピソードではないでしょうか。
アイ・ホームの住まいでは、室内の音は外に伝わりにくいと言えます。助けを呼ぶときは「窓を大きく開け放ってから」というのがアイ・ホームの住まいの常識です。
yjimage


コメントは受け付けていません。

最近の家づくりブログ更新履歴

月別家づくりブログ一覧

毎月のご案内 ►