アイ・ホームは、高性能・健康住宅の普及促進を通じて、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

Japan Endless Discovery

  • 1.貧困をなくそう
  • 2.飢餓をゼロに
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 16.平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。

アイ・ホーム(株)は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えます。現在も、事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらの解決に向けたサービス展開をしています。
引き続きこれら課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。

3.すべての人に健康と福祉を

すべての人に健康と福祉を

住宅性能病ともいえる、室内の温湿度を年中・家中快適にコントロールして「健康と快適」を実現する家づくり。

  • 健康寿命の延伸(医療費削減、福祉予算削減、老老介護の軽減)
  • 高齢化社会への対策(健康な高齢者は、本人と家族、地域のため)
  • 快適な室内環境は、人の交流を促進する。
  • ハウスダストや屋外の汚染物質を除去して、室内空気を利用するシステムにより医療費を削減します。
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

住まいは生活にたくさんのエネルギーを必要としています。 省エネ設計による住まいの性能が、私たちの暮らし方を変えてゆくことに貢献できることでしょう。 一人一人の暮らしを省エネ化することで大きな環境改善効果を生み出すことになります。

  • ZEH住宅、LCCM住宅、省エネ住宅の普及で、消費エネルギーを削減します。
  • パッシブな建築計画により、日射取得をコントロール、建物躯体の外通気工法や高効率エネルギー機器の利用で省エネ効果を最大化。
  • 創エネ利用の太陽光発電により自然エネルギーを生活に取り入れる。
  • エネルギーを効率よく使い、限られたエネルギー資源を共有する。
11.住み続けられるまちづくりを

住み続けられるまちづくりを

家づくりは街づくり。一棟一棟の住宅性能が街全体の安全性を形づくります。
自らを守りぬく住まいとしての強靭(きょうじん)性と、他者の助けとなるゆとりあるエネルギー計画は街全体で取り組まなければならないテーマです。アイ・ホームは「青い地球につながる家づくり」をテーマに共助の世界観に貢献します。

  • アイ・ホームは、耐震性、耐風性といった自然災害に強い家づくりを、住宅設計性能表示と住宅建設性能評価制度を全棟で実施し、安心安全な家づくりを行います。
  • アイ・ホームは、家を腐朽や白蟻から守るターミダンシート工法や床下から天井裏まで、温湿度をコントロールする全館空調システムにより、長期耐久性のある家づくりを実現してまいります。
  • 九州山口匠の会などのグループによる地域連携による災害時互助組式を結成し、これからの災害に備えています。
12.つくる責任つかう責任

つくる責任つかう責任

家づくりに用いられる木材は世界中から日本に送られてきます。海外からの木材の内でも日本の企業が植林し、育成した木材を用いた家づくりや、日本国内の木材を用いた家づくりを行って、計画的な消費と生産がリンクする活動がアイ・ホームの仕事です。
地球環境にプラスとなる再生産可能な消費があるべき姿だとアイ・ホームは考えます。更にアイ・ホームでは市場に供給される「家」も長寿命な資産価値を有し、更に定期的なメンテナンスで確実な住宅性能の維持が実現できる活動と仕組づくりを行っています。

  • アイ・ホームは、長期メンテナンス計画を策定し実行。保険制度を利用して足らざるを補う仕組を適用してまいります。
  • 住宅設計性能評価や、住宅設計性能評価システムを全棟実施して、証のある家づくりを行ってまいります。
  • アイ・ホーム企業の森(植林と育成を行っています。)