アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

素足で暮らせるマッハの秘密

アイ・ホームのマッハシステム1月冬の場合

アイ・ホームのマッハシステムは基礎断熱です。

工務店など床断熱採用の場合

床下の面積は広い。この面が冷やされると断熱層を厚くしても、冷えが床表面までとどきます。床暖房を入れないと寒くなるのです。高断熱を誇りながら、何故か、ダカラ床暖房しないと寒いのです。

 アイ・ホームの家では、床下空間は密閉空間です。この空間に、調温調湿した空気を24時間供給し循環しています。

 冬場の外気温度はご覧のように寒い日には-2℃~-3℃まで下がっていますが、床下の空間の温度は22℃~23℃と一貫して安定しています。アイ・ホームのマッハシステムは、

床板の室内側には、暖房用の暖気が流れています。

アイ・ホームの1月の床下、リビング、外気温度変化

以上のように室内側リビングは常に暖気が循環しておりますので、床の表面温度も24℃前後と、素足で暮せる状態となっています。

結論

 マッハシステムは床下に暖気を流しています。この暖気が断熱層として働きます。だから床は冷えずにリビングの室温と床表面温度が同じ24℃となります。大風量小温度差空調で大量の空気の流れで、1階のリビング床を洗っているイメージです。大量の空気の温度は床表面温度を空気と同じ24℃にしてしまいます。

コメントは受け付けていません。

月別ブログ一覧

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3959番地7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623