アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別社長ブログ一覧

住宅ローン40~50年?

「家賃並みの負担で家が買えます」といったコピーがありますが、実は40年ローンで組んだ場合で試算された場合、見かけ上の負担が減少する結果と言えるようです。

35年と40年の違いは?

①金利は4~1%高くなるのが40年返済の場合です。

+金利のデメリット

②3000万円以上の借り入れで35年と40年の支払い金利息の差は500万円程度負担が増えます。

+500万円はデメリットです。

③40年ものは一般的に70歳までの返済となっているものが多いようです。

退職後も返済が続くのは収入減の関係で心配です。コロナの様な社会的なリスクも心配です。

④40年の固定金利は今のところありませんので、金利上昇次第では負担は大きくなってしまいます。

⑤住宅ローンは35年が全期間固定金利アリですが、こちらのほうがいいと思われます。皆様いかがでしょうか?

そもそも全期間固定金利は、社会的な金利変動に備えて創出されたものです。借手に安心をプラスするものです。

 

コメントは受け付けていません。

月別社長ブログ一覧

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3569-7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623