アイ・ホーム家づくりブログ 我が輩はごい犬ばん

月別ブログ一覧

冬の床暖房は過去のスーパースター

 

冬の快適を実現するする為に、床をお湯で温める床暖房は、寒さを感じるセンサーのある足裏から寒さを取り除くことで、ダイレクトな幸せを与えてくれる技術として、贅沢の極みとも言えるものでした。

昨今は、家づくりの前提である断熱性能が格段に上昇し、床暖房のあり方が改めて問われる事態となっています。

これは床という断熱性能の高い物質の下からお湯で温める方式なので、熱が伝わりにくい。

ある論文では、室温9℃の部屋を22℃まで温めたケースでは。

エアコンだけの場合  35分

床暖房     2時間10分

パナソニックのデータで8畳の部屋で毎日8時間使用した1月の電気代がヒートポンプ式床暖房でも、4700円かかるとのこと。

エアコンを8時間毎日利用した場合3300円だったという比較データがあります。

イニシャルコストである設備費用が以下のようになる。

 

6~10畳の場合

エアコン    6万円~10万円

床暖房/電気式 30万円~40万円

床暖房/温水式 50万円~60万円

一般的に床暖房の家では、エアコンを夏対策で導入するので二重の出費となる。

床暖房(不凍液の交換メンテ) 5万円

床暖房点検          5000円

床暖房(熱源機)   20万円~30万円

赤ちゃんや老人が床に直接触れた状態だと、温水式床暖房で出湯部に近い所は高温となりますので、低温やけどや脱水症状になる危険があります。

最低でも3センチ以上の厚みのあるカーペットやラグを用いてその上に寝かせるのであれば安心です。

 

床暖の場合、風は用いない輻射熱タイプですが,

アイ・ホームのマッハシステムのように空気中のPM2.5やウィルスまで除去する電気集塵器を用いて浄化する本機能は持ち合わせていない。

 

コメントは受け付けていません。

月別ブログ一覧

(お問い合わせは通話無料)0120.82.7770

  • 【本社】
    〒880-0212 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3959番地7
    Tel.0985-73-7770 Fax.0985-73-7738
  • 【日向営業所】
    〒883-0066 宮崎県日向市亀崎2丁目12番
    Tel.0982-50-2777 Fax.0982-50-2776
  • 【都城営業所】
    〒889-1914 宮崎県北諸県郡三股町大字蓼池3607番地10
    Tel.0986-36-6622 Fax.0986-36-6623